「怒らない子育て」を実践するちょっとしたコツ 記録をつければイライラの正体がわかる

拡大
縮小

幸子さんに言われたとおり、「怒りの記録」をつけ始めたみちるさん。ずいぶんたくさんのことにイライラしている自分に気づき、唖然としてしまいます。実は、感情には2つの種類があります。不安、悲しみ、苦痛、ストレス、寂しさ、絶望などは第1の感情。そして、この第1の感情を元にして感じるのが怒りです。つまり怒りは第2の感情なのです。

例えば、日が暮れても子どもが帰ってこないとき、「どうして帰ってこないのかな。連絡もしないで」「帰ってきたら厳しく言わなくちゃ」とイライラしたとします。このイライラの第1感情は心配です。子どもに何かあったのではないかと心配しているのです。

期待が第1感情のこともある

時には期待が第1感情のこともあります。例えば、ジュースをこぼした子どもに対する第1感情は「落ち着いた行動のとれる人になってほしい」でしょう。でもそれが裏切られたためにイライラして、「何やっているの!」と言うことになります。できない子ども、自分の言ったとおりにやらない子どもに対して、親が腹を立てているということになるわけです。

こうして怒りの陰に隠れている自分の本当の気持ちに気づき、その気持ちを素直に表出することで、怒りとは違うコミュニケーションをとることができます。

宿題をしない子どもに対して「勉強しなさい!」と怒鳴るのも第2感情ではないでしょうか。

私も息子には、自分が勉強に対してどう思っているのかという第1感情を伝えていました。

『マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「パパも小さいころはあまり勉強しなかった。おばあちゃんは『勉強しろ』と言わなかった。そのときは楽しかったから、よくわからなかったけれど、大きくなってとても後悔している。

今さらなんだけど、パパが嫌がっても『勉強はやったほうがいい』と言ってくれればよかったと思う」

このように「もっと勉強すればよかった」という後悔を伝えました。すると意外な一言が返ってきてびっくりしました。

「さすがに最近まずいと思うんだよね」

「何が?」

「だって勉強してないじゃん」

いい気づきだと思いました。そう感じているなら、いつかスイッチが入り、勉強をやりはじめるでしょう。小学校中学年くらいになると、こうしたコミュニケーションがとれるようになります。

嶋津 良智 教育コンサルタント

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

しまづ よしのり / Yoshinori Shimazu

大学卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。28歳で独立・起業し代表取締役に就任。翌年、2人の経営者と新会社を設立。その3年後、出資会社3社を吸収合併、2004年5月IPOを果たす。2005年リーダーズアカデミーを設立。2007年シンガポールに拠点開設。2012年から始めた「感情マネジメントが、どう人生や仕事の成果に影響を及ぼすのか」をテーマにした、「怒らない技術~人生・仕事の成果を劇的に変えるアンガーマネジメントのススメ」や、セミナー「おこらない子育て」が好評を博す。2013年日本へ拠点を戻し、一般社団法人日本リーダーズ学会を設立。主な著書に『怒らない技術』『子どもが変わる 怒らない子育て』『マンガでよくわかる 怒らない技術』などの「怒らない技術」シリーズ、『不安をなくす技術』などがある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT