ウサイン・ボルト「世界最速」に学ぶ走るコツ

「走りのプロ」が速く走るコツを徹底伝授!

“地球上で最も速い男”と言われるウサイン・ボルトの速さの秘密を解き明かします(写真:共同通信)  
陸上男子100メートル9.58秒の世界記録保持者、ウサイン・ボルトは「なぜ足が速い」のか? 世界最速の男の「速さの秘密」を、プロスプリントコーチの秋本真吾氏が解説します。

陸上男子100メートル9.58秒の世界記録保持者、ウサイン・ボルト。“地球上で最も速い男”はあまりにも有名です。ですが、「どうしてボルトは速いのか?」と聞かれて、具体的に説明できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

まずは彼の速さの秘密を知るために、スピードには“絶対的な計算式”があることを説明します。

「速さの方程式」

速さというのは、ストライド(歩幅)とピッチ(回転)の掛け算によって決まります。ストライドが広くなれば1歩当たりで進む距離が伸びて、ピッチが速くなればなるほどスピードは上がります。

ボルトの場合は1歩のストライドは最大で約3メートル、1秒当たりの最大ピッチは4.7歩と言われています。これをストライド×ピッチの計算式に当てはめてみると……3メートル× 4.7歩、つまり1秒間で12〜13メートル進んでいるということになります。

面白いデータがあります。陸上選手の100メートルの速度の変化をグラフにしたものですが、ここではボルト選手と日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀選手のレースをグラフ化しました。

小林ら(2017)、Krzysztof & Mero(2013)、松尾ら(2010)を元に作図(図:『一流アスリートがこぞって実践する 最強の走り方』より)

多くの人が、100メートルのような短距離ではスピードは右肩上がりに伸びていくというイメージをしているのではないでしょうか。しかし、グラフを見ればわかるとおり、2選手ともレースの中盤で最高速度に達してからは、そこから低下しています。ボルトも例外ではありません。

では、ボルトがなぜ突出して速いのか。その理由に挙げられるのが速度の低下率です。彼が100メートルで9秒58を出した際、75メートル付近で最高速度12.35メートル/秒に達して、ゴールの時点でも12.05メートル/秒。速度はほとんど落ちていません。

次ページボルトの「走り」がスゴイ理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT