東京の私鉄、駅名の特徴は「山あり谷なし」

JRや地下鉄は「低地」の名前でも気にしない?

このほか関連して、私鉄ごとに異なる社風にも触れておきたい。

西武新宿線「下落合駅」と東急大井町線「緑が丘駅」。実は経営陣が逆だったら、駅名も逆に名付けたかもしれない。なぜなら、両駅周辺の地形がよく似ているためだ。

さらにいえば、現在の西武新宿線を東急(の前身会社)が経営していたら、乙女山駅と名付けていたかもしれない。自由が丘駅が、駅の近くに自由ヶ丘学園があることからそう命名したように、下落合駅は、駅のすぐ北側に、おとめ山があるからである。下落合駅と乙女山駅、ずいぶんと駅およびその周辺のイメージが異なる気がするのは、私だけだろうか。

神田川と妙正寺川が合流する西武新宿線の下落合駅付近(筆者撮影)

落合とは、2つの川が合流(落ち合う)する場所を示す。その下流の場所が下落合である。現在、下落合駅は神田川と妙正寺川が落ち合う場所の上流にある。なのに上落合駅とならなかったのは、開業時の駅は現在より約300m東にあり、河川改修が進む以前の両河川の合流点は現在より西側にあった。当時の駅は合流点の下流にあったわけである。

昭和2年開業時の鉄道会社は、愚直というと叱られるかもしれないが、地形どおり、また字名どおり下落合駅と名付けた。

「上落合」でなく「緑が丘」

緑が丘駅はといえば、呑川と旧九品仏川の合流点のすぐ上流、まさに上落合駅という立地である。しかし東急(の前身会社)は、ここにイメージ戦略として「緑ヶ丘駅」(のちに緑が丘へ変更)と名付けた。地元の地名とまったく関係なく、相当強引なというか、ある意味見事な命名といえる。

それだけの手腕をもった命名者が、もし西武新宿線下落合駅開業時に関わっていたら、駅のすぐ北側にある「おとめ山」という名を見逃すはずはない。現在も駅の東側、丘の上から丘下にかけて「おとめ山公園」が広がっている。

ここでの「おとめ」とは「御留」。江戸時代この付近は徳川家の狩猟地で立入禁止(御留)になっていたことにちなむ。だがそんなことにはお構いなく、臆面もなく当て字を使い乙女駅としたことだろう。

駅名と地形との関係を追っていくと、日本人の自然感の変化、私鉄の社風にも考察が及び興味は尽きない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。