日銀と外国人投資家の「深い谷」

年の始め、今年の日本経済を考えてみる

日本銀行は楽観しすぎていないか?

ただし、若干危惧していることがある。この問題について日本銀行が、筆者以上に楽観視しているように見えることである。少なくとも、今年4月以降に追加金融緩和策が必要になるとは、サラサラ考えていないのではないか。仮にそういう事態に追い込まれるとしても、「4~6月期のGDP速報値が発表されるのは8月中旬だから、それを確認したうえで動けばいいや」式の古い感覚が残っているような気がする。

しかるに市場側、特に外国人投資家の間には、日本に対して一定の期待が出できがっている。ぶっちゃけ、こんな感じである。

「4月に政府が財政で無理するからには、日銀が金融面で何かサポートするだろう」

「安倍と黒田(アベクロ)はそれくらい蜜月であると聞いている」
「だから4月30日の物価展望レポートが出た後には、何か追加策があるに違いない」

「安倍内閣は、われわれが求めるスピード感を理解しているはずだ」

1997年を忘れてはならない

残念ながらこの点において、市場とのコミュニケーションはうまく行っているとは言い難い。市場は「おねだりモード」になっているが、財務省も日本銀行も互いに「ゼロ回答」で事態を切り抜けられると考えているご様子だ。消費税楽観派の筆者でさえ、そいつはチト虫がいいのではないかと思う。お気持ちはわかるけれども、完全主義はときに地獄への扉を開けるとも言う。去年が予想以上にうまく行っただけに、今年はあまり欲張らない方がいいと思いますぞ。

最後は因縁話のご紹介である。1997年当時の橋本政権を支えていたのは、豪腕と称された故梶山静六官房長官であった。晩年の梶山氏は、往時を思い出しては「俺は財務省に騙されていた」としきりに増税を悔やんだのだそうだ。
その「遺言」をいつも傍らで聞いていたのは、梶山氏の愛弟子たる菅義偉氏であった。それが今では、安倍首相を守る官房長官となっている。そして1997年以来の消費税増税に立ち向かう。その心境はいかばかりか。

おそらく、「俺はけっして騙されないぞ」と日々、肝に銘じておられることと推察申し上げる。こういう面では、やはり1997年を忘れてはならないのである。

次ページさて、競馬。シンザン記念。出世馬を発見せよ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT