米アップル、1─3月収益は予想を上回る 

中国市場の先行き楽観、株価は時間外で上昇

 4月30日、米アップルが発表した第2・四半期(1─3月)決算は、1株利益と売上高が市場予想を上回った。ニューヨークで昨年4月撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[30日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が30日発表した第2・四半期(1─3月)決算は、1株利益と売上高が市場予想を上回った。

第3・四半期(4─6月)の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、値引きを背景に中国でiPhoneの売り上げが安定し始めたという見方を示した。決算を受け、株価は時間外取引で5%強上昇して211.50ドル。

第2・四半期は1株純利益が2.46ドルと、市場予想平均の2.36ドルを上回った。売上高は580億2000万ドルで、こちらもリフィニティブがまとめたアナリスト予想平均(573億7000万ドル)を上回った。

iPhoneの売上高は310億5000万ドルで、ファクトセットがまとめたアナリスト予想(311億ドル)をやや下回った。前年同期比の減少率は17%で過去最大を記録した。

アップル・ミュージックなどサービス事業の売上高が114億5000万ドル、アナリスト予想は113億2000万ドルだった。

ウエアラブル事業の売り上げは51億3000万ドルで、こちらも予想(47億9000万ドル)を上回った。

第3・四半期の売上高見通しレンジは525億─545億ドルとし、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均(519億3000万ドル)を上回った。

クック氏はロイターとのインタビューで、第2・四半期最後の数週間で、iPhoneの売り上げが底堅さを見せ始めたと説明。中国での価格調整や税引き下げなどが奏功したという。また、米中通商合意を「楽観視」しているとした。

取締役会が追加の自社株買い(750億ドル規模)を承認し、5%の増配実施も明らかにした。第2・四半期の自社株買いと配当は270億ドル規模と記録的水準だった。

決算公表を受け、一部株主は四半期末に向けた業績改善の兆しなどを評価。また、期待水準が低かった点を割り引いて受け止める向きもいた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。