エアバスとミニスカ、スカイマーク仰天戦略

LCC台頭で、新興エアライン“元祖”は勝ち残れるか

写真提供:Aviation Wire

「どうです。安い料金でこんな広いシートに座れるなら、皆さんも乗りたいと思うでしょ」

2013年12月中旬、フランス・トゥールーズにある大手旅客機メーカー、エアバスの本社工場。スカイマークの西久保愼一社長は、真新しい機内に報道陣を招き入れ、上機嫌で座席の仕様を自ら詳しく解説してみせた。

全席のシートを広めに

スカイマークが公開したのは、14年から羽田空港発着の主要路線で順次導入する「A330」型機。現在使用する米ボーイング社の「B737」型機(全席エコノミーで177席)より一回り大きな双通路の中型旅客機だ。通常サイズのエコノミー席なら最大440席収容できるが、271席にとどめ、その分、全席を広めのシートにした。

「グリーンシート」と名付けた新たな標準座席は、前の座席との間隔が約96.5センチメートル。一般的なLCC(格安航空会社)より23センチメートル以上、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)のエコノミー席と比べても約18センチメートル広く、JALが割増料金で提供している「クラスJ」と同じだ。座席の横幅は従来より5センチメートル広くし、ひじ掛けも大きくした。脚を投げ出せるレッグレストも全席に装備する。

現在、スカイマークの普通運賃設定は、実質的に大手の半額近い水準。グリーンシート移行後も、これまでと同等の価格優位性を維持する。最新鋭機でなく、登場から20年近く経ったA330を選んだのは、性能の割に値段が安く、導入コストを最小限に抑えられるためだ。このグリーンシート仕様機を14年3月下旬に福岡線、その半年後に那覇線、15年には新千歳線にも投入し、主要3路線の全便をA330に切り替える。

次ページ期間限定で制服を刷新
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT