当面「ドル高円安」が進む可能性が高まった?

「円売り圧力」の「構造的な変化」が起きている

 4月17日、ドル/円<JPY=>が17日、年初来高値を更新した。直接のきっかけは日米通商交渉で為替条項に関する議論が表面化しなかったことだが、英国の欧州連合(EU)離脱問題など当面のリスク要因が後退しつつあり、円に下落圧力がかかりやすくなっている。写真は2011年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 17日 ロイター] - ドル/円<JPY=>が17日、年初来高値を更新した。直接のきっかけは日米通商交渉で為替条項に関する議論が表面化しなかったことだが、英国の欧州連合(EU)離脱問題など当面のリスク要因が後退しつつあり、円に下落圧力がかかりやすくなっている。相次ぐ日本企業による海外企業の買収が、経常収支や円相場に構造変化をもたらしている点も関心を集めている。

ドル押し目待ち戦略は不発

17日午前の外為市場で、ドルは一時112.17円まで上昇。3月5日の年初来高値を上抜け、昨年12月20日以来4カ月ぶり高値を更新した。

この日の手がかりは日米交渉。日本時間の朝方、ワシントンで会見した茂木敏充経済再生担当相が、為替問題については財務相間で議論すると交渉で伝えたと発言。米側から特段の反応もなかったことで、市場では「日本は無事に切り抜けた」(大手証券)との見方が広がり、円高警戒感が後退したという。

複数の市場筋によると、交渉で為替条項を突きつけられ円高が進行した場合に、ドルの下値で買いを狙っていた参加者が少なくなかった。米が通商交渉に付帯させる為替条項は、国内世論へのアピールを重視したもので、環太平洋連携協定(TPP)や米・メキシコ・カナダの貿易協定(USMCA)と同様、実質的な効果はあまりないとの見方が多かったためだ。

しかし、ドルはこの日も112円付近で底堅い動きとなり、押し目待ちの戦略は画餅に終わった。「なかなか下がらないドルを買う機会を逸している参加者が増えており、買いオーダーを切り上げざるを得なくなっている」(大和証券・投資情報部チーフ為替ストラテジスト、今泉光雄氏)状況に追い込まれているという。

次ページ遠のく危機、売られる円
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。