30代主婦は「扶養内パート」で生涯1億円損する

「妻は家を守る」にこだわると老後は暗い

では、奥様が今のパート勤務を、今のペースで続けていったら、この先どうなるでしょうか。

現在の36歳から、一般的な定年の60歳になるまで、あと24年間このまま働き続けた場合、奥様は2304万円の収入を得ることになります。ご主人の扶養内、すなわち専業主婦(国民年金の第3号被保険者)として過ごすわけですから、保険料の負担はありません。

奥様は結婚前に会社勤めの経験があり、そのときは厚生年金に加入し、保険料を自分で負担していました。その数年間の厚生年金も合わせると、奥様の65歳以降の年金受給額は額面で7万円(年間84万円)。65歳から90歳までの25年間受給すると2100万円になります。さっき計算した60歳までに得る就労収入と65歳以降の年金収入を合わせると、4404万円です。

これから先の生涯収入として4000万円以上得られるので、「結構多いな」と感じるかもしれません。しかし問題は、前述したように、いま月7万円を貯蓄から取り崩していること。奥様の65歳以降の年金受給額を、先取りして使い込んでいるようにも見えます。このままの状況が続けば、やがて間違いなく行き詰まるでしょう。

年収250万円まで増やせれば手取り額は大幅回復

詳しく話をうかがうと、奥様は、結婚前に働いていた職場から「戻ってこないか」と声がかかっているそうです。子どもは小学校の中学年になり、留守番や自分で習い事に行くこともできるようになりました。職場復帰は現実的な選択肢です。

職場復帰すると、「年収は250万円ほど」とのこと。「妻の社会保険の壁」(年収130万円)を越えてしまい、奥様は自分で社会保険料を払わなければなりません。しかし、ここまで年収を増やすことができれば、社会保険・税負担はあるものの、「働き損」にはならず、手取り額は十分回復できます(分岐点は年収153万円くらいが目安です)。

計算してみると、職場復帰した場合の奥様の手取り月額は17万円。これで毎月7万円の赤字を出している家計は相当改善するでしょう。この職場に戻り、今後24年間、同じ条件で就労すれば、60歳までに4896万円の収入が得られます。また、「妻の社会保険の壁」を越えて働くメリットとして、厚生年金に加入することで老後の年金額が増えます。

奥様の場合、標準報酬月額22万円で働き続けたとすると、老後の年金収入は月額約9.7万円(年間117万円)に増え、65歳からの25年間で2925万円を得ることになります。これに60歳までの収入を合わせると7821万円。ご主人の扶養の範囲内で今のパートを続けていく場合に比べ、生涯収入は1.8倍になります。

次ページ妻がフルタイム正社員になったら、家事と家計はどう変わる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT