「1日10時間勉強してもダメな子」の本質的理由

ひたすら「書いて覚える」の危険なワナ

まさに小浜さんのお子さんは、「書くこと」を大量にやっているわけですが、覚える手段として主に「書く」を選択すると、おそらく1つの定期テストにかける試験勉強期間は1カ月は必要になるでしょう。そんな膨大な時間を使うことはもちろん普通はやりません。

実際、これまで筆者が指導してきた数千人の中学生で、実際に高得点を取ってくる子は、ほとんど書いて覚えてはいませんでした。

なぜか書いて覚えるという手段は、まるで正しい“文化”であるかのように浸透しています。書いていると勉強している気になるのかもしれませんが、効果は薄いのです。やるとして、どうしてもできない問題を、最終手段として書いて覚えるということくらいです。

では、「覚える」とはどのようなことをいうのでしょうか。それは次のことです。

覚えるとは「自分で繰り返しテストすること」。

自分でテストをする過程で、インプットしていく

例えば、問題集を繰り返し解くことや、暗記ペンで用語を塗って赤いシートで見えないようにして答えられるかチェックしたり、単語リストを作って答えられるかテストしていくことなどです。そうして、自分でテストをする過程で、インプットしていくのです。

『中学生の勉強法』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

次のようなことを考えてみるとよくわかります。コンサートでも、コンテストでも、事前にリハーサルをしますね。定期試験でも同じです。本番である定期試験のリハーサルとして、自分で小さなテストを設定して実行するのです。自分でテストをして、できるかできないかを確認する過程で、覚えていくのです。

ここにおいて書く、読む、見るという作業はあくまで補助的な作業であって、中心的な作業ではないのです。

筆者が指導してきた中で高得点を取ってくる子は、繰り返し自分でテストをして覚える傾向がありました。定期試験以外に行われる日常の確認テストなども同様です。

書いて覚えるという「神話」「幻想」を早く捨て去らないと、やったことが成果につながりません。そのうち「やってもできない」と自分を責めたり、「学び」自体が嫌になり、放棄してしまう可能性もあります。

お子さんには、「書いて覚えるという手段にとらわれず、繰り返し自分でテストをして覚える」ということをぜひ教えてあげてほしいと思います。次の試験ではきっと結果が出るはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT