今季好調の湘南ベルマーレが変貌を遂げたワケ

梅崎選手が語る「個人と組織の成長」の秘訣

まったくチームにフィットできず、思い悩んでいたある日、監督室に呼び出されたので訪ねると、監督と分析担当のスタッフがいました。そこで、僕も参加した2007年のワールドユース、決勝トーナメント1回戦のチェコ戦のハイライト映像を見せられました。この試合、僕らは2点を取りながら、2本のPKで追いつかれて、最後はPK戦で敗れました。

僕は延長後半に香川真司と交代してベンチにいたんですが、その映像ではPK戦の後に泣き崩れていました。このシーンを一緒に見ながら、監督はこう言いました。

「このときのお前は、PKでも誰よりも速くこぼれ球に反応しようとしてるし、負けたとき、自分はベンチにいるのにこれだけ熱くなって泣いている。自分を表現しようとして、自分を出し切って、チームを勝たせようとしているじゃないか。もちろんレッズで優勝も経験したし、アジアもとったかもしれないけど、こんなに熱くなれたか? 今のお前はそうじゃない。これだけ熱くなれていない」

監督に指摘されて、うすうす感じていたことを突き付けられた気がしました。ワールドユースの当時は「自分のプレーでチームを勝たせるんだ」という強い思いでサッカーをしていました。それがいつしか、チームプレーを意識するあまり、自分の気持ちや個性を出すことを控えるようになっていました。

チームプレーとは何か

とくに浦和では、精鋭ぞろいのチームの中で生き残るために、監督の顔を見たり、空気を読んで周りに合わせるようなプレーが増えていました。そして、その自分を納得させるために変に大人になって、原口元気のようなギラギラした若手が出てきたときも、「あいつは若いからな」と冷めた視線を向けていたんです。

プロであれば、厳しい競争の中で出場時間を得るためにプレーを変えたり、新しい監督やチームに自分を合わせるのは普通のことで、それ自体が悪いことだとは思いません。

問題は、そうすることで僕の特徴であり武器でもある、自分でどんどん仕掛けて違いを生み出すというプレーが出せなくなることでした。勝負所で仕掛けなかったり、無難なプレーを選択するなら、僕を起用する価値はありません。

次ページ若かった頃の強い気持ちを思い出させてくれた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。