アメリカの「イタい黒歴史」に追随する属国日本

陰謀論やカルトを生み出す「空っぽの容器」

フリーメイソンやイルミナティなどの陰謀論や、「UFOに誘拐されたと主張する人」が出現する背景にあるものは何でしょうか(写真:danielfela/iStock)
日本人の多くが知らないアメリカ政治の現実と、社会の底流に流れる伝統を描き、全米ベストセラーとなった歴史書『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』。なぜ、アメリカ人たちが「狂気と幻想」に惹かれていくのか。なぜ、日本人はその後追いをするのか。陰謀論、反知性主義や終末思想を生み出す背景とともに解き明かす。

「ノー・ニューヨーク」な一冊

「ニューヨークに行きたいかー!?」「オオーッ!」「どんなことをしてでも行きたいかー!?」「オオーッ!」――私が子どもの頃、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ・1977年放送開始)といういい意味でイカレたクイズ番組があった。1万~2万人規模の参加者から勝ち抜いた人々が、アメリカ大陸を横断しながら約1カ月かけてクイズやゲームに挑戦するというものだ。

『ファンタジーランド:狂気と幻想のアメリカ500年史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

空からばら撒かれた問題用紙を追ってモハーヴェ砂漠を走り回ったり、サンフランシスコの街を延々走りながらクイズに答えたり。決勝進出者はヘリコプターで「自由の女神」を旋回し、ニューヨークに降り立つと星条旗デザインの帽子を被って早押しクイズに臨む。滑稽さも含めて度外れてダイナミックで熱狂的、まさにアメリカンドリームに倣った演出の数々だった。シリーズは軒並み高視聴率、番組はファミコンゲームにもなった。

高度経済成長とともに膨らんだ「アメリカすげえ!」という日本人の憧れが、お茶の間バラエティとして花開いていた頃。もし、あの浮かれた時代にこの本が出版されていたら、はたして日本人はまともに受け入れることができただろうか――『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』を読みながら、そう思った。

次ページイタい黒歴史を無視してきたアメリカ人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。