アメリカの「イタい黒歴史」に追随する属国日本

陰謀論やカルトを生み出す「空っぽの容器」

フリーメイソンやイルミナティなどの陰謀論や、「UFOに誘拐されたと主張する人」が出現する背景にあるものは何でしょうか(写真:danielfela/iStock)
日本人の多くが知らないアメリカ政治の現実と、社会の底流に流れる伝統を描き、全米ベストセラーとなった歴史書『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』。なぜ、アメリカ人たちが「狂気と幻想」に惹かれていくのか。なぜ、日本人はその後追いをするのか。陰謀論、反知性主義や終末思想を生み出す背景とともに解き明かす。

「ノー・ニューヨーク」な一冊

「ニューヨークに行きたいかー!?」「オオーッ!」「どんなことをしてでも行きたいかー!?」「オオーッ!」――私が子どもの頃、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ・1977年放送開始)といういい意味でイカレたクイズ番組があった。1万~2万人規模の参加者から勝ち抜いた人々が、アメリカ大陸を横断しながら約1カ月かけてクイズやゲームに挑戦するというものだ。

『ファンタジーランド:狂気と幻想のアメリカ500年史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

空からばら撒かれた問題用紙を追ってモハーヴェ砂漠を走り回ったり、サンフランシスコの街を延々走りながらクイズに答えたり。決勝進出者はヘリコプターで「自由の女神」を旋回し、ニューヨークに降り立つと星条旗デザインの帽子を被って早押しクイズに臨む。滑稽さも含めて度外れてダイナミックで熱狂的、まさにアメリカンドリームに倣った演出の数々だった。シリーズは軒並み高視聴率、番組はファミコンゲームにもなった。

高度経済成長とともに膨らんだ「アメリカすげえ!」という日本人の憧れが、お茶の間バラエティとして花開いていた頃。もし、あの浮かれた時代にこの本が出版されていたら、はたして日本人はまともに受け入れることができただろうか――『ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史』を読みながら、そう思った。

次ページイタい黒歴史を無視してきたアメリカ人
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。