採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点

理解不足、話盛る…落とされる原因はこれだ

面接官の重要な評価ポイントに「意欲」というのがある。意欲のある人物は、物事に主体的に取り組み、目的を立てて行動しようとする。こういう人材は入社後にリーダーとして成長できると見ている。面接官はそれを自己PRやガクチカの内容を聞いて判断する。そして、受け身の学生は落とされる。

「打ち込んできた事がない。自信を持っていない。前向きでない。具体的な働き方がイメージできない。やりたいことがない」(1001人以上・メーカー)

「特に何かに打ち込んだ事のない学生。サークル等の代表や役職に就いたというだけで、そこから具体的な本人の取り組みが感じられない学生」(1001人以上・メーカー)

人事コメントに「具体的」という言葉が使われているが、「〇〇をやってきました」だけでは評価されない。やったことで何が得られたのかを具体的に語る必要がある。

ウソの自分は見抜かれる

人事は演技が見え透いた学生を評価しない。見え透いた学生を形容する言葉はたくさんある。「作る」「ウソをつく」「盛る」「過剰」は誇大強調タイプ。「想定問答」「暗記」「抽象的」「無反応」などは三文役者タイプ。どちらもすぐに見抜かれる。

「作った自分しか見せない学生」(300人以下・マスコミ・コンサル)

「嘘・大げさ、作られた受け答え、自信過剰」(300人以下・サービス)

「ウソとわかるはったりをかましてくる」(301~1000人・メーカー)

これらは誇大強調タイプ。自信たっぷりな学生は、少しくらい話を盛ってもばれないと思っているだろうが、話の盛り方にはパターンがあるので見破るのはそれほど難しくない。

「暗記した内容をそのままそらんじる学生」(1001人以上・メーカー)

「反応が薄い、横柄な態度。面接のときだけよい印象を取り繕う学生」(1001人以上・メーカー)

「通り一遍の決まった回答しかできない学生」(301~1000人・サービス)

キャリアセンターでの模擬面接の影響なのか、面接の正解はマニュアルだと信じ、そのマニュアルどおりに演じれば好感、高評価を得られると誤解している学生がいる。こういう学生に遭遇すると、面接官はとても退屈になる。下手な役者が演じる舞台を見ているようなものだからだ。

問答に個性がなければ評価されないが、学生がそのレベルに達するには経験が必要だ。

次ページ「身だしなみ」にすべてが表れる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT