採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点

理解不足、話盛る…落とされる原因はこれだ

「身だしなみが整ってない」ことも、多くの人事が印象の悪い学生の特徴として挙げている。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

もしかすると学生は「身だしなみ」という言葉の意味を理解していないかもしれない。「身だしなみ」は身の回りに関する心がけを指しており、キャリアセンターで指導する服装やマナー、姿勢、言葉づかいのすべてを含んでいる。

身だしなみは相手に与える印象に強い影響を与える。清潔で健康そうな身だしなみとは、髪や服装だけでなく、表情、声質、話し方も含んでいる。

「身だしなみが整っていない。話がだらだら長く、要点をまとめていない。元気、覇気がない。志望動機が明確でない」(301~1000人・メーカー)

「姿勢が悪い。面接官に目線を合わせない。質問に対して、自分の考えを簡潔にわかり易く説明できない。志望動機が曖昧」(301~1000人・メーカー)

「ロジカルに話せない。声が小さい。企業研究が不足している(志望動機が曖昧)」(301~1000人・メーカー)

コメントにあるとおり、身だしなみが整っていない学生は、おどおどした自信のない印象を与えてしまう。そして、声は小さく、志望動機も曖昧だ。面接官の中にはこういう学生に対して「かわいそう」という感想を漏らす人もいるが、面接を通過させることはない。

無断欠席と遅刻は絶対NG

人事が評価しない学生のタイプを紹介してきたが、絶対にNGなのは無断欠席(キャンセル)であり、かなりアウトに近いのは無断での遅刻である。人事関係者は感情コントロール能力に長けていることが多いが、こういうマナー違反に対する批判ワードは短く、その短さに怒りを感じる。

「無断欠席」(300人以下・マスコミ・コンサル)

「遅刻、キャンセル」(300人以下・情報・通信)

なぜ人事が怒るのか。面接では人事以外の部署の部課長や取締役も登場する。無断欠席があるとそういう役職者に迷惑をかけるので、無礼な学生を怒るわけだ。もっとも欠席した学生も覚悟はできているはずだが、行けないなら行けない旨の連絡をするのが礼儀である。事前に連絡さえすれば、別日程に組み替えてもらえることだってある。

遅刻は無断欠席に比べると罪は軽いが、面接の順番や時間を狂わせてほかの学生にも迷惑をかける。いまはスマホで簡単に連絡が取れる。数分程度の遅刻でも連絡するのが礼儀だと思う。

こうした採用担当者のコメントを参考にしながら、「悪い印象を与えない面接」を心がけてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。