ジョニー・デップを悩ます「元妻からのDV告発」

映画「アクアマン」主演女優との激しい舌戦

従業員は何かを見逃していたのかと、セキュリティービデオを巻き戻して見たが、そこに映っている彼女も、やはりきれいな肌をしていたそうだ。また、当時、彼女が友人や姉から顔を殴られるふりをして笑っていたという複数の目撃証言もある。それに対し、ハードは、「これは弁護士から言われてやっていること。ジョニーから何か取ろうと思っているわけではない」と言ったという。

これらの証言や多数のセキュリティービデオの映像は、離婚騒動当時にデップの弁護側が入手していたが、デップ本人の手元にわたったのはごく最近のことだとも、訴状は述べている。それもまた、彼が今あえて立ち上がった理由の1つだろう。

さらに、元ボディガードや撮影現場クルーなど、あらゆる人から訴訟や、逆訴訟が続いてきたなかで、昨年後半、デップは元弁護士の訴訟で彼が事実上の勝利を収め、やや風向きの変化を感じているところでもあるのだ。その少し前に、元ビジネスマネジャーとの訴訟で示談が成立したことも、少しは肩の荷を軽くしている。

キャリアの転機を迎えるデップ

また、彼は今、キャリアで新たな転機を迎えつつもある。

次に出演する2本は、演技派としての実力を見せられそうな、シリアスな作品。そのうちの2本目で、現在撮影中の写真家W・ユージーン・スミスの伝記映画『Minamata』のスチール写真が最近公開されると、業界サイトのコメント欄には、「デップは優れた俳優。彼がドラマやスリラーをやるのを見られるのはいいことだ」「彼の情熱を感じる。彼が大人の映画に挑戦するのはうれしい」「ジョニーの演技の見せどころが多そう。公開が楽しみ」など、ポジティブなコメントばかりが寄せられた。

彼にはまだまだ味方がたくさんいるということだ。この新スタートを切る今こそ、間違った疑惑を払拭するときである。

一方で、ハードもきっと黙ってはいないだろう。この訴訟には、彼女がデップと結婚してたった1カ月の頃、デップの不在時に、イーロン・マスクを家に呼び込み、朝帰りさせていたとも書かれているのだ。それに関しても、実名入りのコンドミニアムのスタッフの証言がある。また、そもそも離婚を言い出したのはデップで、彼女はそんな彼をわなにはめたのだともある。

彼女もまた、なんとしても名誉を守りたいに違いない。闘う女は、これにどう挑むのか。このバトルは、『アクアマン』でやったそれより、おそらくずっと長く、苦しいものになりそうである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。