ジョニー・デップを悩ます「元妻からのDV告発」

映画「アクアマン」主演女優との激しい舌戦

従業員は何かを見逃していたのかと、セキュリティービデオを巻き戻して見たが、そこに映っている彼女も、やはりきれいな肌をしていたそうだ。また、当時、彼女が友人や姉から顔を殴られるふりをして笑っていたという複数の目撃証言もある。それに対し、ハードは、「これは弁護士から言われてやっていること。ジョニーから何か取ろうと思っているわけではない」と言ったという。

これらの証言や多数のセキュリティービデオの映像は、離婚騒動当時にデップの弁護側が入手していたが、デップ本人の手元にわたったのはごく最近のことだとも、訴状は述べている。それもまた、彼が今あえて立ち上がった理由の1つだろう。

さらに、元ボディガードや撮影現場クルーなど、あらゆる人から訴訟や、逆訴訟が続いてきたなかで、昨年後半、デップは元弁護士の訴訟で彼が事実上の勝利を収め、やや風向きの変化を感じているところでもあるのだ。その少し前に、元ビジネスマネジャーとの訴訟で示談が成立したことも、少しは肩の荷を軽くしている。

キャリアの転機を迎えるデップ

また、彼は今、キャリアで新たな転機を迎えつつもある。

次に出演する2本は、演技派としての実力を見せられそうな、シリアスな作品。そのうちの2本目で、現在撮影中の写真家W・ユージーン・スミスの伝記映画『Minamata』のスチール写真が最近公開されると、業界サイトのコメント欄には、「デップは優れた俳優。彼がドラマやスリラーをやるのを見られるのはいいことだ」「彼の情熱を感じる。彼が大人の映画に挑戦するのはうれしい」「ジョニーの演技の見せどころが多そう。公開が楽しみ」など、ポジティブなコメントばかりが寄せられた。

彼にはまだまだ味方がたくさんいるということだ。この新スタートを切る今こそ、間違った疑惑を払拭するときである。

一方で、ハードもきっと黙ってはいないだろう。この訴訟には、彼女がデップと結婚してたった1カ月の頃、デップの不在時に、イーロン・マスクを家に呼び込み、朝帰りさせていたとも書かれているのだ。それに関しても、実名入りのコンドミニアムのスタッフの証言がある。また、そもそも離婚を言い出したのはデップで、彼女はそんな彼をわなにはめたのだともある。

彼女もまた、なんとしても名誉を守りたいに違いない。闘う女は、これにどう挑むのか。このバトルは、『アクアマン』でやったそれより、おそらくずっと長く、苦しいものになりそうである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT