死産した子と最後を過ごせる「ゆりかご」の存在

赤ちゃんの遺体を保全する「カドルコット」

「私たちは2人を抱き、いかに愛しているかを伝え、洗礼を受けさせた。2人といつお別れをするか決めることができたのは、12時間ほど経ってからのことだった」

カドルコットの寄付を決めたことについて、クリスはこう話した。「私たちの子どもたちを追悼する方法を考えた。ほかの親たちに、亡くなったわが子と過ごす時間をプレゼントすることがいちばんだと思った」。

イギリスでは92%の病院が導入

フリッカー夫妻はすでに、新たなカドルコットを寄付する資金を集めている。次は十分なサービスが行き届いていない地域の病院に提供する予定で、「寄付がなければこうしたものを使うことができない大勢の人々に影響を与えることができる」とクリスは言う。

カドルコットを寄付することは赤ちゃんを亡くした家族にとって、自分たちに起きた悲劇を善い行いにつなげる手段となると、ノースウエスタン・メディスン・ハントリー病院の産婦人科医トレイシー・アーガバニは言う。

エミリー・フリッカーによれば、アメリカの病院でカドルコットを導入しているのは400〜500施設ほどで、大半は彼女たちのような経験をした家族からの寄付だという。

カドルコットはイギリスで開発され、同国では毎日約10人の赤ちゃんが死産で生まれている。製造元のFlexmortによると、イギリスでは92%の病院が1台以上のカドルコットを導入している。

カドルコットは重量3.6キロほどで、ゆりかごのマットレスの下に冷却装置がついている。保冷することで、体内組織の悪化を遅らせて亡くなった赤ちゃんを保全し、できる限り外見を美しく保つ。

次ページカドルコットは親たちに必要な時間を与える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT