マクラーレンに乗ってみた!!

市販モデルに詰まった、F1仕込みのレーシング魂

12月上旬、そんなスーパーカーの一つである12Cスパイダーに試乗する機会を得た。

画像を拡大
上下に開閉するドア

記者はかつて某自動車関係会社に勤め、小型車から高級車、スポーツカーなど、さまざまな車種に乗ったことがある。モータージャーナリストのように、乗り味を細かく文章で表現はできないが、一般の方よりも車のことはちょっとだけ詳しい。

12Cスパイダーはスポーツカー好きには、本当にたまらないクルマだ。エンジンを車体中央に配置するミッドシップレイアウトを採用し、ドアはガルウイングのように上下方向に開閉する。流線型で「うねり」を最大限に生かしたボディデザインは、文句なしにカッコいい。

オートマ仕様だが、自分で変速可能

試乗車のボディカラーは赤だった。エンジンをかけた瞬間、響き渡ったのはすさまじい爆音だ。おそるおそる12Cスパイダーで公道に出た。

画像を拡大
12Cスパイダーのインパネ

12Cスパイダーの乗り心地は相当スポーティで、ハンドルの遊びも少ないが重くはない。右ハンドルかつアクセルとブレーキの2ペダルで運転できるオートマチック仕様のため、普通の感覚で運転できる。

実は最新のフェラーリも同じだが、クラッチを踏んでギアを選ぶマニュアルトランスミッション(MT)車のように臨機応変にギアを選びたければ、ハンドル周りにある「+(ギアを一段上げる)」「-(ギアを一段下げる)」がそれぞれ刻まれた2本のパドルシフトをクイクイ引くだけでいい。ギアは7速。これもF1カーさながらだ。

スピードの出しすぎには気をつけなければならない、と感じた。何しろエンジンの最高出力は前述したように625馬力。ほんの10年ぐらい前まで日本車には最高出力にメーカーの自主規制があり、それは280馬力だった。280馬力でも、普通のクルマからすればとんでもないパワーなのだが、625馬力というのはその2.2倍にも当たる。

次ページボディはカーボン製
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT