マクラーレンに乗ってみた!!

市販モデルに詰まった、F1仕込みのレーシング魂

画像を拡大
後ろから見た12Cスパイダー

試乗の間ずっと感じていたのは、「いつでも加速できますよ」とでも言わんばかりのエンジンのパワフル感。カタログ値でいくと、発進から時速100kmまでは3.1秒、同200kmまでは9.0秒で達する。

走行時の安定感も高い。12Cクーペ、12Cスパイダー、P1ともに共通するが、ボディの骨格には軽くて強く(そして高価な)炭素繊維(カーボン)を用いていることも関係しているかもしれない。体感と実際の速度に、時速20~30kmぐらいの差を感じた。つまり、時速60kmでも、30~40kmぐらいでゆっくり走っているような感覚だ。

都内の一般道ではもてあます性能

12Cスパイダーは電動で屋根の開閉ができるが、その時間はわずか17秒。試しにオープンにして都内を走ったのだが、赤のスーパーカーでしかも屋根をあけていたこともあって、信号待ちの場面では、通行人から結構な視線を感じた。

画像を拡大
17秒で屋根が開く

ただ、都内の狭い一般道を走るのは、もったいないと思った。冒頭に書いたように、首都高で少し思い切った運転をしたときが、もっともクルマとしての性能を発揮している印象だった。

加速だけではなく、コーナリング性能も抜群だ。攻めてはいないが、ちょっとしたカーブで普通に走っていたら、それまでピッタリつけていた後ろの乗用車が、ついて来られず、あっという間にスピードを落とした。さすがレース屋のクルマ、といったところだろうか。

記者は、フェラーリ「F12 ベルリネッタ」やテスラ「モデルS」など、モータージャーナリストでもなければ、なかなか乗る機会を得られないクルマの試乗記を、東洋経済オンラインで紹介してきた(関連記事「フェラーリに乗ってみた!!」「あのテスラ『モデルS』に乗ってみた」など)。これらの記事に関心を示してくれたマクラーレンサイドからオファーをもらったのが、試乗のきっかけだ。

そんなマクラーレンが日本でどれだけ売れているのか。日本自動車輸入車組合(JAIA)によると、2012年度は日本で62台のマクラーレンが新車で登録されている。ちなみに同時期のフェラーリは558台。フェラーリよりも、さらに希少な存在だ。短い時間だったが、フェラーリやテスラの試乗と同様にまたも貴重な経験をしたというのが、率直な感想である。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT