ステップが圧勝、学習塾「神奈川冬の陣」の帰結

トップ校合格者数は臨海、湘南ゼミ抑えて1位

ステップは、目標としていた横浜翠嵐高校の合格者数トップを2019年入試で達成した(撮影:尾形文繁)

2019年入試の学習塾「神奈川冬の陣」が決着した。

川崎、横浜、三浦半島以外では、神奈川県立の上位高校の合格実績で圧倒的な強さを持つ学習塾大手・ステップ。横浜地区の有力9高校の合格者数合計でトップを目指すと宣言したのは3カ月前、性急すぎないかと思われていたが、ふたを開けてみると、ステップの圧勝だった。

県立高校の旧入試制度は、16学区に分かれていて各学区にトップ校があり、16のトップ校に神奈川総合、横浜サイエンスフロンティアハイスクール(YSFH)、横浜国際の3校を合わせた19校の合格者数実績が塾の力の目安となる。

ステップが横浜地区の首位奪取

県立高校受験塾としては、ステップと臨海セミナー、湘南ゼミナールの3つがしのぎを削っている。9校の合格者数合計は、湘南ゼミナールが19年連続でトップ、2018年は湘南ゼミナールの765人に対しステップは731人で2位だった。それが2019年は湘南ゼミナール673人に対し、ステップ899人と、226人の差をつけて首位を奪取した。 

「9校の合計でトップ」がステップの2019年の目標で、2020年は、9年連続で横浜翠嵐高校の合格者数トップを守る湘南ゼミナールを抜いて、首位になることが目標だった。ステップの横浜翠嵐高校の合格実績は、臨海セミナーの後塵も拝しており、2年ががりの計画は妥当な線。しかし、1年前倒しでこの目標をあっさり達成してしまった。

ステップが前年比46人増の123人だった一方、湘南ゼミナールは31人減らして101人。臨海セミナーは23人減らして97人だった。ライバルが合格者数を大きく減らしたことが大きいが、1番は1番だ。

次ページトップ校9校すべてで合格者増
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT