年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年金不安や小泉構造改革のツケに続いて、世界的な金融危機の嵐が庶民の生活を直撃。しかし、経済アナリストである著者は、金融資本主義が破綻した今、経済はまともな方向へ戻っていくと見通す。

それまでの間、自身のおカネをいかに防衛するかを説くのが本書の趣旨だ。株式や投資信託、FXなどでの資産運用の仕方、生命保険料や住宅費、光熱費の節約のテクニック、果てはネットオークションでの稼ぎ方まで、おカネの防衛策を詳細に解説している。

同時に、おカネだけ追いかけていても幸福にはなれないとも説く。「そこそこに稼いで、ほどほどに暮らす」ことが精神的豊かさをもたらす。おカネはその一手段であるというのが、モリタク流のご託宣。

角川SSC新書  819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT