年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年金不安や小泉構造改革のツケに続いて、世界的な金融危機の嵐が庶民の生活を直撃。しかし、経済アナリストである著者は、金融資本主義が破綻した今、経済はまともな方向へ戻っていくと見通す。

それまでの間、自身のおカネをいかに防衛するかを説くのが本書の趣旨だ。株式や投資信託、FXなどでの資産運用の仕方、生命保険料や住宅費、光熱費の節約のテクニック、果てはネットオークションでの稼ぎ方まで、おカネの防衛策を詳細に解説している。

同時に、おカネだけ追いかけていても幸福にはなれないとも説く。「そこそこに稼いで、ほどほどに暮らす」ことが精神的豊かさをもたらす。おカネはその一手段であるというのが、モリタク流のご託宣。

角川SSC新書  819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?