年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年収防衛 大恐慌時代に「自分防衛力」をつける 森永卓郎著

年金不安や小泉構造改革のツケに続いて、世界的な金融危機の嵐が庶民の生活を直撃。しかし、経済アナリストである著者は、金融資本主義が破綻した今、経済はまともな方向へ戻っていくと見通す。

それまでの間、自身のおカネをいかに防衛するかを説くのが本書の趣旨だ。株式や投資信託、FXなどでの資産運用の仕方、生命保険料や住宅費、光熱費の節約のテクニック、果てはネットオークションでの稼ぎ方まで、おカネの防衛策を詳細に解説している。

同時に、おカネだけ追いかけていても幸福にはなれないとも説く。「そこそこに稼いで、ほどほどに暮らす」ことが精神的豊かさをもたらす。おカネはその一手段であるというのが、モリタク流のご託宣。

角川SSC新書  819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。