イスラーム世界の論じ方 池内恵著

イスラーム世界の論じ方 池内恵著

イスラーム世界に対する関心が高まりを見せている。しかし、最近でこそ金融が加わったものの、支援・援助、自爆テロ、戦乱のみで語られることが少なくない。中でも著者が危惧するのは、「イスラーム」を反論しがたい「犠牲者」と想定し、その立場に論者が成り代わって、独自の意図を持った発言を行う議論だ。そこには、抑えられてきた反米感情、西欧コンプレックスを「イスラーム」に託して解放するという役割があるとも論断する。

国際社会で少なくとも日本人がテロや戦争から身を守るためには、その発生源をなくしていくプロセスにできるかぎり参加せざるをえない。そうしても、その発生源となっている地域の状況を実態に即して把握していなければ、上滑りなものになりかねない。その把握の成果をイスラーム研究の気鋭の著者が示す。生起された事態について2004年から08年まで見守った評論ないし地域研究はいずれも示唆に富む。

中央公論新社 2730円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT