オーケストラ、それは我なり 中丸美繪著

オーケストラ、それは我なり 中丸美繪著

「手兵」大阪フィルハーモニーに君臨した朝比奈隆が亡くなって7年になる。93歳にしてなお指揮台に立とうとしたエピソードには誰もが驚くだろう。熱狂的な朝比奈ファンでなくともその生涯と音楽観には大いに興味を抱かされる。

音大出でないというハンディもものかは、あるときは天真爛漫(らんまん)な駄々っ子、あるときは楽団員の立場などまるで無視の暴君。その人間像が余すところなく描き出される。出自、葛藤、組合との軋轢、組織混乱なども本人は「自由に書け」と言ったらしい。同じスタイリストでありながら帝王カラヤンとは全然違う。

朝比奈といえばブルックナーにベートーベンだが、人間性と音楽的特質が、曲にうまくはまっていたという指摘が紹介される。確かにそうだ。大フィルと実に54年間、世界でも空前の関係は、その希有な個性なくしてはありえなかった。素材の面白さと取材力の幸せな結合の所産であり、貴重な音楽史ともなった。(純)

文藝春秋 1800円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。