新車購入「3月に大幅値引き」が期待できる理屈

新車を安く買うために抑えたいポイントとは

3月が近づくと、全国各地の新車ディーラーでは決算セールが活発になる(編集部撮影)

この時期になると街の新車ディーラーに「決算セール」や「期末大商談祭」といった類いののぼり旗が並んでいる姿を目にすることがあるだろう。もちろん、決算期にセールをするのは新車ディーラーに限ったことではないが、新車に関しては決算期に購入するのが買い得であるということは多くのユーザーの知るところとなっている。それでは、なぜ新車ディーラーは決算期になると大幅値引きをしてでも販売台数を稼ごうとするのだろうか。

そもそも新車ディーラーは、トヨタや日産といった自動車メーカーの看板を背負って営業をしているものの、自動車メーカー本体とは別の組織となっている。自動車メーカー直営の新車ディーラーも存在しているが、多くのディーラーが自動車メーカー(または、その販売子会社など)と特約店契約を結んでそのブランドの車両を販売している形となっている。

つまり、新車をユーザーに販売する際は、メーカーからその車両を仕入れて顧客に販売するシステムというわけだ。

そのため、新車にも「仕入れ価格=原価」があり、常識的に考えて原価を下回るほどの値引きが出ることはない。フルモデルチェンジ後も在庫してしまった車両や、何らかの理由で注文後にキャンセルとなってしまった車両などは格安で販売されることもあるが、それはレアケースだろう。

「販売報奨金」の存在

それでは、なぜ決算期には時には原価を割り込むほどの大幅な値引きができるのかというと、それはメーカーから支給される「販売報奨金」が絡んでいる。現代風に言えば「インセンティブ」とも呼ばれる販売報奨金は、ディーラーが既定の販売台数をクリアすることで支給されるものであり、当然ながらクリアしなければその額はゼロとなってしまう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

つまり、販売報奨金がもらえるのであれば、少々原価を割るような金額で販売したとしても報奨金でその損を埋めることができるというのが、決算期に大幅な値引きが発生するカラクリというわけなのである。

当然、すでに目標の台数をクリアしている販売店であれば、そこからさらに大きく値引きをしてまで新車を売らなくてもよくなるため、購入予定者としてはあまり期末ギリギリまで契約を引き伸ばしたからといって、必ずしもよい結果を招くとは言えないのだ。

また、決算期に新車を狙ううえで注意したいのが、そのタイミングだ。3月が決算月ということは3月31日までの販売台数がカウントされるわけだが、自動車に関しては1台とカウントされるのは契約書に判を押したタイミングではなく、その車両が登録されたタイミングとなる。

次ページ在庫車を狙うのも選択肢に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT