やっぱり変だよ、日本の婚活

ズレまくっている「回転ずし」システム

こうしたお見合いパーティの特徴は実効性に表れます。先の調査によると、期待するほどの結果(=結婚)が出ていないというのが実情です。お見合いパーティは13個の設問中、下から数えて3番目ですから。

しかし、ないよりはよっぽどまし。実際にそこで出会って結婚している人はいますし、先の友人C君もその中のひとりです。

また、運営者さんを揶揄するつもりも毛頭ございません。パーティ業者さんの得意技は人を集めてイベントをすること。会費や会場、参加者の満足感など、さまざまな制約条件がある中で、ビジネスとして成り立たせるためには、「回転ずし」が最適解なのかもしれません。 

友人がボソっとつぶやいた一言

それでも「やっぱり変だよ、日本の婚活」の代表格として、「回転ずし」を挙げたのには訳があります。

婚活がブームになった背景である「未婚者の増加」。その先にある「少子化」。これらは日本社会が抱える超ド級の問題です。にもかかわらず、民間業者から出てくる解決策、それを担うプレーヤーがあまりにもニッチすぎると思うのです。

結婚適齢期の未婚者は1400万人。そのうち婚活産業を利用している人は60万人、わずか4%にしかすぎません。関連する産業分野も数多く存在するといわれています。

巨大なビジネスチャンスがあるにもかかわらず、なぜ妙案が出てこないのでしょうか。「回転ずし」に象徴されるように、何かが、何かがズレまくっているに違いありません。そこが、“やっぱり変だよ”と私は思うのです。

(最後に余談をもうひとつ)この記事のドラフトを私の友人B君に見せました。すると彼はボソっとつぶやくのです、「てかさ、評論もいいけど、アイデア出したほうがよくない?」。

ありがとうB君……。確かに君の言うとおりだ。妙案を出すべきは僕自身なのかもしれない。でも今年の連載はこれで終わりだ。まずは僕たち、煩悩の数を今からかぞえよう。108個じゃ足りないはずだから……。

(補足)B君とは以前の記事で、「一言も交わさず、街で出会った美人とデートする方法」を披瀝した私の悪友。相も変わらず煩悩まみれの1年だったようです(苦笑)。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?