線路立ち入り、刑罰「1万円未満」は軽すぎる?

新幹線は1年以下の懲役または罰金5万円以下

かつては、線路に耳をあてて列車の音を聞くという風景が当たり前のように語られたりもした。線路を家路にするという風景もあった。

列車の速度も本数も多くないのんびりした時代あるいは路線では、線路立ち入りを許してもそれほど危険も多くなく、処罰の要請も高くなかったということもあるかもしれない。

列車制御システムが複雑でない時代には線路立ち入りが列車運行に及ぼす影響はさほどでもなかったということなのであろう。

しかし現代ではそうともいえない。確かに、地方路線では相次ぐ減便でむしろ危険が減ったといえる路線もあるかもしれないが、列車の高速化、増発がなされている路線も多い。線路脇にさまざまな機器が設置されるようにもなった。

「黙認」ではなくなってきた

社会的にも線路立ち入りについては厳しい目が向けられるようになり、黙認されるということもなくなりつつある。

新幹線では、「新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法」(新幹線特例法)では、線路立ち入りについて1年以下の懲役または5万円以下の罰金とされている(同法3条2号)。

新幹線の列車が主たる区間を時速200km以上で高速運転されているため、その運行の安全を妨げる行為をより罰する必要があるからである(同法1条)。

しかし、いまでは在来線の高速列車の速度も向上しつつある。例えば、京成電鉄の「スカイライナー」は最高時速160kmで運転されており、時速200kmには達しないものの相当程度に高速化している。

次ページ在来線と新幹線、区別する必要性あるのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT