酔客の汚物対策、電車運転士が「秘密兵器」開発

東急社員が現場の経験生かし日用品で手作り

開発を始めてから約1カ月後、ペット用吸水シートの裏側に両面テープを貼った試作品が完成した。4つの辺に貼った両面テープの裏紙を一気に剥がせるよう、ホチキスで留めるといった工夫を加え、シートの上には「清掃依頼中」と文字を打ったラベルも貼った。

最初の試作品。現行のシートよりサイズが一回り小さかった(記者撮影)

だが、実際に乗務員数人に配布して使ってもらうと、さまざまな課題が浮上した。1つはシートのサイズが小さかったことだ。

試作品は30×45cmのペット用吸水シートを使っていたが、これではカバーできないケースが多かった。もう1つは両面テープの粘着力が強すぎたこと。駅で清掃する際になかなかシートが剥がせず、時間がかかってしまったとの声があったのだ。これでは手間が増えて逆効果になってしまう。

ホームセンター巡りの日々

再び「素材探し」の日々が始まった。仕事の合間や休日にホームセンターを何軒も巡り、さまざまな種類のペット用吸水シートをそろえてサイズと吸水性を比較した。

「ペット用吸水シート持って仕事に来るんですよ。何の仕事なのかと(笑)」(鈴木さん)。両面テープも、調べてみると粘着力やさまざまな特性があった。「両面テープの世界も奥が深いんですね」と片瀬さんは笑う。

試作に使った両面テープ各種。最終的には5mm幅のテープに落ち着いた(記者撮影)

大量の試作品を車両に持ち込んで検証した結果、サイズは45×60cmのペット用吸水シートが偶然にも座席の座面や背もたれにぴったり合うことが判明。両面テープは、それまで使っていた幅10mmの事務用から、幅5mmで粘着性が強く剥がしやすい「プロ用」に替えると、強力かつ簡単に剥がせることがわかった。

ラベルライターで作った「清掃依頼中」という注意書きが目立たないのも難点だったが、これは乗務員に支給されている、座席にガムなどが付着していた場合に使う「このシートには汚れが付着しています」のステッカーに替えることで解決した。これなら手間もかからず無料だ。

試作を重ねてたどり着いた改良版の汚物カバーシートは「ペット用吸水シートがお徳用で1枚約10円、両面テープは約14円」(竹植さん)と低コスト。重量も約30gと軽いため、乗務員用のカバンに簡単に入る。改良版は6月に完成し、雪が谷大塚乗務区全体に配布した。大量生産には鈴木さん家族の協力もあった。

次ページ広がる利用「あって助かった」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT