前妻の20歳娘との面会は「気持ち悪い」のか?

「実家依存症」の妻と義母への対処法とは

妻が実家依存症でも、子どもが成長するにつれ、妻の態度も変わってくるかもしれません(写真:YUMIK/PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は著者の2018年新著『あらゆる悩み・不満・ストレスが消える!最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓』の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

私は45歳の自営業者で、前妻との間に20歳と17歳の娘がいます。
今の妻とは、娘たちと交流があることを理解してもらって2年半前に結婚し、翌年には娘を授かりました。妻は結婚前から実家との結び付きが強くて、結婚してからも私の出勤後に毎日実家へ行き、週末は必ず泊まり、そのまま2泊、3泊するような生活でした。
出産後もそれは続き、今ではささいなことで怒って実家から戻らず、口もきいてもらえない状態です。
妻は出産前後は4カ月ほど、実家でお世話になりました。こちらの自宅に帰ってからも毎日のお出かけ、毎週のお泊まり、さらには1歳にもならない娘を連れて2泊3日の旅行など、だんだんとひどくなっていっています。
さすがに毎日、毎週は度を越していると再々言いました。言い方や態度を変えて話したり、「実家依存症・共依存」に関する書籍などを勧めたりと改善を図ってみましたが、まったく変化がありません。
本人の言い分は「みんなこれくらいはしている」と要領を得ず、義母に至っては「好きなだけ実家にいればいい」「嫌になったらいつでも戻っておいで」などと私の前で話す始末です。義父・義兄も孫、姪に会いたいばかりで、そんな義母・嫁をいさめることはまったくありません。
先日、私が上の娘の沖縄旅行の空港への出迎えをしたおり、実家に3泊中の妻から「今どこにいるのか!」「気持ちが悪い」などのメッセージが入りました。以前、前妻の娘たちと出かけた際に妻に話したところ、「前妻やその娘に関することは聞いても不快」と、さんざん嫌みを言われましたので今回は内緒にしていました。
私はすぐに実家へ行きましたが妻は一言も話さず、義母からは「出直してきなさい」と言われたきりです。以降、電話をしても出ず、LINE(ライン)をしても既読が付かず、何度も訪問しましたが、応対は変わりません。
日々、かわいい盛りの1歳の娘を想い感情が高ぶり荒れていくばかりです。
私がとるべき道をお教えください。
有事(仮名)

家に「定着」することに懸けるか、離婚の2択

夫人も夫人ですが、思慮の欠けた夫人の家族ですね。自分たちが、子どもの父親代わりもできると考えているのでしょうか。有事様はできる努力はすべてされたと思います。

この連載の記事一覧はこちら
 

今後は2つの選択肢があります。1つは、実家家族全員の思慮の浅さから見て、夫人の成長に期待しない。時々、子どもだけに会いに行き、子どもが学童期に達すれば自然に家に「定着」することに懸ける。

あと1つは、離婚覚悟であなたも強く出ることです。夫人のあなたへの愛情もそうですが、彼女の人間性に、とても不信を感じます。今までは彼女のどんなわがままも、あなたが折れて謝ってきました。彼女側は自分たちが正しく、これからもそれが通ると高をくくっています。

次ページ一生彼女に人生を振り回されてもいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。