不動産CMで「愛されるCM」が重視される理由

スーモ、UR賃貸住宅、オープンハウスが高評価

【公式】SUUMO(スーモ)TVCM「スーモとDA PUMP 歌番組(30秒)」
あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2019年2月前期(2019年1月20日~2019年2月4日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

 

1月後期調査ではIndeed Japanの『Indeed』CMが同社初となる作品別のCM好感度総合1位に輝いた。続く2月前期も勢いそのままに連覇を果たし、好走を続けている。

ともにトップとなったのは斎藤工や泉里香といった豪華タレントが国民的人気アニメ『ONE PIECE』のキャラクターに扮し実写化したコラボCMで、その再現度の高さで大きな話題を呼んだ。

元日には原作に登場する「世界経済新聞」を模した紙面に「麦わらの一味 仲間募集か」と印刷した号外を全国各地の初詣スポットで5万部配布。その他のニュース記事や広告も原作の世界観を損なわないクオリティで、CMや特設サイトと合わせた重層的な施策でファンを楽しませた。

特設サイトでは3月25日まで実際に“麦わらの一味”に関する求人情報を検索・応募することができ、大規模な参加型コンテンツとして今後の広がりにも注目だ。

住宅関連のCMが活況

例年、年始から春にかけて不動産関連のCMが多く放映される。戸建て住宅や分譲マンションのCMをはじめ、住宅情報サイト、リフォーム・住み替えといった、住まいに関するサービスを提供する企業が新生活に向けて精力的にCMを出稿するためだ。

多くの消費者にとって、日々の生活との密接な関わりを実感しやすい携帯キャリアや食料品といったカテゴリとは異なり、不動産関連サービスは商品の価格帯やCM表現の観点からも幅広い世代の支持を得ることが比較的難しい。

だが今年は、例年に比べCM好感度も高い水準をマークしている。2月前期のCM好感度トップ30には住宅関連のCMが4作品ランクイン。なかでもリクルートの不動産・住宅サイト『スーモ』はDA PUMP出演第2弾となる新作が8位と好位置につけた。

前作では暗闇の中に浮かぶステージでメンバーとキャラクターの“スーモ”が彼らのヒット曲『U.S.A.』をモチーフにした“スーモダンス”を披露したが、今作では歌番組を舞台に、そろいの緑色のジャケットを身に着けたメンバーとスーモがダンスで大勢の観客を盛り上げる様子を描いた。

次ページスーモに続いてUR賃貸住宅も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。