日本人が知らない「シリア難民」の不条理な現実

気づきを与えてくれる「ZENOBIA」のスゴさ

いま、シリアの過酷な実態を絵描いたグラフィックノベルを日本に広めるプロジェクトがスタートしている(イラスト:『ZENOBIA』より)
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

シリア内戦を描く『ZENOBIA』

シリア内戦の前後を生きる少女を描いたグラフィックノベル『ZENOBIA(ゼノビア)』。2016年11月にデンマークで出版されて以来、世界15カ国で翻訳され数々の賞を受賞してきました。この本を日本でも翻訳出版したいと、クラウドファンディングが始まっています(2月18日に達成し募集終了。2019年夏以降に全国書店で刊行予定)。

クラウドファンディングの発起人は、『ZENOBIA』の著者・Morten Dürrさんの留学時代からの友人、荒木美弥子さん。2年前に偶然SNSで再会し、Mortenさんが児童書作家になったことを知りました。本や海外のアートが好きだった荒木さんは、「どんな絵本なの? 見せてほしい!」と懇願。最新作として差し出されたのが『ZENOBIA』でした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。