日本人が知らない「シリア難民」の不条理な現実

気づきを与えてくれる「ZENOBIA」のスゴさ

いま、シリアの過酷な実態を絵描いたグラフィックノベルを日本に広めるプロジェクトがスタートしている(イラスト:『ZENOBIA』より)
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

シリア内戦を描く『ZENOBIA』

シリア内戦の前後を生きる少女を描いたグラフィックノベル『ZENOBIA(ゼノビア)』。2016年11月にデンマークで出版されて以来、世界15カ国で翻訳され数々の賞を受賞してきました。この本を日本でも翻訳出版したいと、クラウドファンディングが始まっています(2月18日に達成し募集終了。2019年夏以降に全国書店で刊行予定)。

クラウドファンディングの発起人は、『ZENOBIA』の著者・Morten Dürrさんの留学時代からの友人、荒木美弥子さん。2年前に偶然SNSで再会し、Mortenさんが児童書作家になったことを知りました。本や海外のアートが好きだった荒木さんは、「どんな絵本なの? 見せてほしい!」と懇願。最新作として差し出されたのが『ZENOBIA』でした。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。