インドネシア人エリートに、苗字がない理由

タイのプーケットで聴く、インドネシアの今

グローバルエリートからの講評

さて、今回はインドネシア人エリートのウィリアム・ウィリアムさんのインタビュー前編なわけだが、ご多分に漏れず前編が好評だったときのみ、後編でも詳しくインドネシア特集をお届けしたい。私がインドネシアの友人と話して感じるのは、国の未来に対する力強い楽観論だ。

実際に人口も購買力も順調に成長しており、特にeコマース関連のビジネスの伸びは目覚ましい。金融などでも先進諸国の金融業界はピークアウトして、ほかの業界に移るエリートたちが多い中、インドネシアでは銀行・証券など金融セクターの成長も目覚ましい。実際、私のインドネシアの友人は、海外で留学した後も本国に帰って仕事をする人が多く、これはほかの国よりよっぽど自国のほうがチャンスにあふれているからだと言う。

金融の世界では、中国に投資しすぎたエマージングマーケット向けの資金が行き先に困っていた中、インドでも大損をした投資家たちが次の投資先としてインドネシアに押し寄せて、短期間でバリュエーションが沸騰したというのが過去数年のトレンドだったが、短期的な調整局面はあっても、消費分野、特にeコマースの分野で爆発的な伸びを見せるだろう。

今回のインタビューに応じてくれたウィリアムは大の親日家で、日本のアニメが大好きだという。知っている日本語を聞いたところ、「どすこい」の一言が返ってきて失笑したが、めでたく後編も書くことになった暁には、ウィリアムが5年間を過ごしたサウジアラビアのビジネス環境も併せて紹介し、引き続き親愛なる読者の皆様とともに、世界に視野を広げたいと思う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。