ソフトバンクは5月に自己株買いを決断するか

親会社がガッツリやったのだから子会社も?

【2月1日 金曜日】日経225先物は、10円安の2万0740円、NYダウは、15ドル安の2万4999ドル。昨日、2019年3月期第3四半期決算短信を発表したあおぞら銀行(8304)は、260円安(7.76%)の3090円と年初来安値更新。年間配当予想184円からすると年配当利回りは、5.95%と高配当となるが、今日1日で1年分の配当以上値下がりしている。下げすぎではないか?

SBI証券で、IPOチャレンジポイント5Pを使って、エスコンジャパンリート投資法人10口申し込む。IPOチャレンジポイントとは、IPOに申し込んで落選すると1P貯まり、次回申込みする時に使うと当選しやすくなる制度だが、もう50Pも貯まっている。日経平均は、14円高の2万0788円と小幅続伸。

【2月2日 土曜日】日経225先物は、50円高の2万0770円、NYダウは、64ドル高の2万5063ドル。1ドル=109.42円、1ユーロ=125.33円。株式と比べると、為替の動きは小さく安定しているようだ。

サンバイオ3日連続でストップ安、個人投資家は大丈夫?

【2月4日 月曜日】サンバイオ、3日連続のストップ安で、今日から値幅制限2倍に拡大、2000円ストップ安の3710円と4日連続大引け一本値のストップ安。昨年11月頃4000円くらいだった株価が上昇し始めて、先月1月21日に1万2730円の年初来高値を付けていた。

信用の取り組みを見てみると、1月25日現在、一般信用買い99万0900株、制度信用買い245万3600株と合計344万4500株の買い残高があるが、損切りするにも損切りできない状況だ。安いところで買っていればまだしも高いところで買っていると、大変なことになっていることが予想される。日経平均は、95円高の2万0883円と3日続伸。

優待保有銘柄のGMOフィナンシャルホールディングス(7177)の2018年12月期決算短信が発表された。期末配当は、6.27円で年間では32.25円(対前年10.65円の増配)となった。本日終値は、8円高の601円。また、自己株式取得も発表し、250万株(発行済株式数2.08%)を上限とし、取得価格は17億5000万円(計算すると1株700円)。市場買付で2月5日から4月26日まで。

次ページ日経平均が急落!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT