ビックカメラ、最高益でも株価が安値の理由

もう少し下がったら買っていいかも

直近の業績が良さそうなのにビックカメラの株価は冴えない。なぜだろう(写真:taka/PIXTA)
アメリカ株は結構戻っているのに、なかなか上がらないのが日本株。戻り売りの圧力が強いのか。1月中下旬、カリスマ投資家の内田衛氏はどうしていたのか。自分の持ち株を眺めつつ、いくつかの注目銘柄を「下がったら買おう」と思っているようだ。早速「株日記」で見てみよう。

【1月15日 火曜日】NYダウは、86ドル安の2万3909ドルと続落。一方、日経平均株価は、195円高の2万0555円と続伸。保有銘柄では、日本郵政(6178)が15円高の1336円、すかいらーくホールディングス(3197)は、35円高の1804円、ミツウロコグループホールディングス(8131)は19円高の798円と、いずれも信用取り組みが売り長(株不足)で需給が締まっている銘柄が強いようだ。

【1月16日 水曜日】日経225先物は、90円安の2万0420円、NYダウは、155ドル高の2万4065ドル。英国議会、EU離脱案を大差で否決、野党が内閣不信任案。日経平均は、112円安の2万0442円と3日ぶり反落。

洋菓子のシベールが民事再生手続き開始の申し立て

【1月17日 木曜日】日経225先物は、140円高の2万0570円と反発。NYダウも、141ドル高の2万4207ドルと続伸。日経平均は、40円安の2万0402円と続落。

この連載の一覧はコチラ

18時15分、山形、仙台が本拠の洋菓子メーカーでジャスダック上場のシベール(2228)が、民事再生手続き開始の申し立てに関するお知らせを発表した。負債総額約20億円。本日の終値は、15円高の1330円で出来高は1000株。昨年来高値は、2018年6月29日に付けた3010円。株価は安くなっていたとはいえ、1330円もしていたのだから、青天の霹靂というか突然死状態で、経営破綻するとは思われていなかったのだろう。

2016年8月期は、赤字転落であったが、期末配当30円、2017年8月期は、赤字であったが期末配当15円、2018年8月期も3期連続赤字で無配、継続前提に重要事象となっていた。しかし、これぐらいのことは、よくあることだ。

次ページ生き残る手段はなかったのか…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。