「無趣味になっていく日本人」の実態と背景事情

消えていく多数の趣味、浮上する3つの趣味

というわけで、1994年から聴取をはじめ、2018年に堂々過去最高を更新した歴戦の“ツワモノ”をご紹介しましょう。

●その3「食べ歩き」
1994年17.6%→2018年20.9%(+3.3ポイント、過去最高)

冒頭のベスト10に20年間ランクインし続け、かつ、スコアを伸ばしたのはこの「食べ歩き」のみ。2018年の内閣府「経済財政白書」では、外食産業の売上高増加が報告されていますが、その要因の1つとして「食べ歩きの関心の高まり」が挙げられているほどです。

今の時代にもマッチした「底堅い」趣味

昨今の食べ歩き模様を見ようと、東京・原宿に行ってみました。軽食や衣料品、雑貨を売る店がひしめく一画は、平日にもかかわらず、制服姿の学生や観光客など若い人を中心にすごい賑わい。手にしたカイロにすがりたくなるような寒さの日でしたが、温かいスナック類だけが買われているわけでもなく、冷たいドリンクやアイスクリームを片手にそぞろ歩く人たちもちらほら。

様々な軽食店にお客さんの列ができていましたが、訪れた時に特に人気だったのがタピオカミルクティーとチーズドッグのお店。前者は長蛇の列を見て、思わず「すごいな……」と声を上げてしまったほど。その日のお客さんは女性が目立ちましたが、店員さんに聞くと「男性のお客さんも結構いますよ」とのことでした。

品物を受け取りつつ周りのお客さんを見回すと、食べる前の「撮影タイム」がもはやお約束のよう。手にした品物を顔に近づけて友達と自撮りをしたり、背景に店舗が入るように品物をかざして撮ったり。“SNS映え”しそうな巨大な商品オブジェを店先に置いているお店もあり、「どんどん撮ってください!」といわんばかりです。

金額も数百円程度と、本格的な飲食店での外食に比べてフトコロにやさしく、インスタグラムなどのSNS浸透によって“自己表現”の価値も上乗せされた「食べ歩き」。今の時代にもマッチした「底堅い」趣味だなと感じさせられます。

平成の期間に進んだ「趣味離れ」はこの先も続くのか? 10年後・2028年の趣味ランキングで、ヨガやモバイルゲーム、食べ歩きはどうなっているのか? そんなことを入り口に、少し未来に思いを巡らせてみるのも面白いかもしれません。

【参考情報】
「生活定点」調査概要
調査地域:首都40km圏、阪神30km圏
調査対象:20~69歳の男女3080人(2018年・有効回収数)
調査手法:訪問留置法
調査時期:1992年から偶数年5月に実施(最新調査は2018年5月16日~6月15日)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。