「女子アナ」の役割と闘って得た本音の生き方

小島慶子さん「もうすぐ女子アナは絶滅する」

放送業界に蔓延する根深い性差別と職業差別の変化について、小島慶子さんにお聞きした(ⓒ稲垣純也)
TBSアナウンサー時代、とくにラジオでその才能を開花させた小島慶子さん。独立してからはエッセイスト、タレントとして、また近年はジェンダーの視点から鋭い社会批評を展開する小島さんに、「女子アナ」なるもの、そして女性アナのあり方について、じっくり聞いてみた。

就いた職業は「役割」に閉じ込められていた

私がアナウンサーになった理由は、男性と対等に稼ぎたかったからです。大学を卒業した1995年は男女雇用機会均等法の施行から10年目で、一般企業の女性総合職は、成績優秀者ばかりの狭き門。でも、面接と実技試験が中心の放送局のアナウンサーならば、優等生でない私でもなれるかなと思ったんです。 

『GALAC』2019年3月号の特集は「女性アナウンサーという生き方」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

女性の局アナは、高収入の正社員という意味では勝ち組サラリーマンですが、同時に「職場の華」であることも求められます。男性のホモソーシャルな職場に女性が参入するときには「待遇は対等でも、男性を立てるのが女性の仕事。私はちゃんと女の立場をわきまえます」と、男女平等の踏み絵を踏まされる。それを画面で体現するのが「女子アナ」という存在でした。

局アナは会社の好感度を上げるための要員ですから、人気者になるのも仕事のうち。従順で男性ウケするように振る舞うのもプロ、と自分に言い聞かせたこともありました。

局アナはさまざまな仕事をしますが、ある種の職人技が求められるスポーツ実況を除いては、あくまで「発表係」。ジャーナリストでも表現者でもありません。とても中途半端な立場なんです。華やかに見えますが、放送局のなかでは、ほかの仕事よりも一段低く見られることもあるんですよ。

次ページ女性アナウンサーはただの「画面の華」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT