「高円寺」で再開発がなかなか進まない背景

カルチャーの街はどのようにして生まれたか

実際、2013年には早稲田通りを挟んで北側の中野区大和町内で道路拡幅事業が都市計画決定され、現在工事が始まっている。そのため高円寺に関わる人の間で不安が増大し、デモや計画に反対するイベントが行われた。

高円寺は防災面から見ると弱い所がある。2018年3月に東京都が公表した「地震に関する地域危険度測定調査(第8回)」を見ると、「補助227号線」の建設計画がある高円寺北3丁目が都内の総合危険度ランキング64位にランクインしており、杉並区内ではワースト2位だ(調査は東京都内5177町丁目が対象)。特に火災危険度が高い。

再開発を望む声もある

また、「補助227号線」の計画エリアである「高円寺純情商店街」や「庚申(こうしん)通り」はチェーン店化や店主の高齢化が進んだ店舗が多く、古着屋や音楽関係の店をはじめとした個性の強い店は多くない。そのため道路建設を行い、防災機能や街の道路ネットワークを拡充し、街のリニューアルを進めようという考え方があることも理解できる。実際に地域内には再開発による街の現代化を望む声もある。

高円寺駅の北側を早稲田通りへと抜ける庚申通り。この商店街の一部が道路建設計画では予定地になっている(筆者撮影)

ただ、2017年4月に杉並区から発表された2025年度までの道路整備の方針「すぎなみの道づくり」ではこの「補助227号線」は2025年度までの着工は目指さず、住民の間で雰囲気醸成が行われてから計画・建設するとしている。

かつてフォーク・ロック文化や古着屋集積など「若者の街」であった高円寺。しかし、今は周辺の街との差異はかなり減ってきた。地域に住む20代も今や15%ほどであり、区内平均よりは多いものの、突出しているわけではない。

今や高円寺は「そこに暮らし、そこで生業を作る」場所から「わざわざ行く」場所へと変わった。周辺には中野駅周辺のように再開発や区画整理により開放的な雰囲気がある一方で、独特の雰囲気の店が並ぶ街の人気が上昇している。こうした周辺環境も見ると、高円寺の街の存在感を保っていくのは並大抵のことではない。

もし高円寺がこれまでどおり、「若者の街」として看板を保っていくのであれば、今まで持っていたアドバンテージやコンテンツを生かし、地域に住む若者を増やすこと、若者が店を出しやすい環境を整えていくことが必要だろう。

高円寺が今後も存在感を保てるか、そして新しい若者文化の街としてどんな進化を遂げるか。駅周辺エリアで街の雰囲気づくりや方向性づくりをしっかり行っていくことが必要だろう。高円寺はどう変わっていくのだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT