「高円寺」で再開発がなかなか進まない背景

カルチャーの街はどのようにして生まれたか

ねじめ正一氏の小説からその名がついて有名になった「高円寺純情商店街」(筆者撮影)

東京の中でも音楽を中心にしたカルチャーの街で知られる高円寺。混沌とした街には音楽やサブカルチャー、古着の店や飲み屋街が広がり、夏には阿波踊りが行われる。市民の活気があふれるイメージが強く、市民運動やパレードをはじめとしたイベントも多く行われている。

そんなどことなく「変わった」街、「高円寺」。歴史を振り返りつつ、この先どうなっていくのかを追ってみた。

方向によって特徴が変わる駅周辺

高円寺駅は1964年に高架化されており、駅から北側にも南側にも抜けることができる。

尖ったファッションの古着を販売している「キタコレビル」(筆者撮影)

駅周辺には10の商店街があり、北側には、詩人で直木賞作家のねじめ正一氏の小説の舞台にもなった「高円寺純情商店街」(高円寺銀座商店会)や「庚申(こうしん)通り商店街」がある。

南側にはアーケードが特徴的な「パル商店街」や「ルック商店街」(新高円寺通商店会)、西側には「高円寺中通り商店街」や中央線高架下の「高円寺ストリート」がある。

高円寺駅周辺の地図(OpenStreetMapを基に筆者作成)

3方向それぞれに特色がある。北は八百屋やスーパー、電気店といった生活用品の店が多く立ち並び、南はスナックや古着屋が交じり合うエリアがあり、アーケード商店街にはさまざまな業態のチェーン店が目立つ。

特徴的なのは西で、高架下や高架横は居酒屋をはじめとする飲食店が多いが、奥に入ればレディー・ガガ氏のスタイリストが来たという「キタコレビル」、活動家の松本哉氏が経営するリサイクルショップ「素人の乱」をはじめ、ゲストハウス、古本屋、トークライブハウスといった個性的な店が立ち並ぶ。

次ページ高円寺の街並みはいつ生まれたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。