1本400円高級キットカットが生まれた深い理由

バヌアツで育成された「希少カカオ」を使用

「ボルカニック」のシリーズ名称の由来となっているのが、バヌアツ。南太平洋、オーストラリアの東に位置し、約80の島々から成る国だ。今も活動を続ける火山島であるマレクラ島の農園で、自然に近い状態で育ったカカオを用いたチョコレートは、酸味と甘み、力強さを感じさせる香りと味わいが特徴だという。

これら原料となるカカオは、太平洋諸国やマダガスカルなどの希少カカオに独自のネットワークを持つ企業「ファイアツリーチョコレート」を通じて調達されている。カカオの品質を決めるのは、品種や栽培地だけでなく、栽培法や収穫時期・発酵や乾燥の工程だ。例えば、この地域ではカカオの乾燥は時間を節約するために、熱源による乾燥機を使うのが一般的だが、煙によって質が損なわれてしまうのがデメリットだ。

今回、ファイアツリーチョコレート社を通じて調達されているのは、天日によって乾燥させたカカオ。バヌアツは雨が頻繁に降る地域なので、とくに手間がかかる。

ではなぜ、育成から、発酵・乾燥といった過程で手間と時間がかかるこれら希少カカオに、ネスレ日本が着目したのだろうか。

世界の中でも厳しい「日本市場」

ネスレ日本でキットカットを担当する、ネスレ日本常務でコンフェクショナリー事業本部長セドリック・ラクロワ氏は次のように説明する。

「日本市場は競争が激しく、つねにイノベーションが求められています。消費者の共感を得ることが必要で、消費者の需要をつねに予測して対応しなければなりません。味覚にも敏感で、しかも移り気です。世界の中でも厳しい市場と言えるでしょう。

それに対して、希少カカオのチョコレートは、原料をどのように発見したか、どこから来てどのように作られているか、そういったストーリーを含めて、新しい体験を消費者にもたらすと考えています」

確かに、日本の市場は特に変遷が激しい。最近の動向について、コンフェクショナリー事業本部マーケティング部長の竹内雄二氏はこう分析する。

「近年のハイカカオブーム、健康チョコレートブームによる市場の伸びは一巡して、次の革新的なコンセプトが求められています。消費者は、SNSなどで大量の情報にアクセス・発信できるものの、チョコレートの情報に関してパティシエのレベルの技術・知識までは入手できません。

そのような通常では得られない情報や、希少な原材料は消費者にとって貴重な情報となり、購入して体験したい、情報を拡散したいという強いニーズがあります」

次ページその読みは当たった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。