1本400円高級キットカットが生まれた深い理由

バヌアツで育成された「希少カカオ」を使用

「キットカット ショコラトリー サブリム」ボルカニックシリーズ(各432円)。南太平洋の火山島にて育成されたカカオなど、希少カカオを採用したチョコレートだ。サブリムとは「崇高な」「卓越した」を意味する(筆者撮影)

拡大し続けるチョコレート市場で、一つのトレンドと言えるのが、カカオそのものの味わいを生かしたチョコレート。bean to barの小さなショップやショコラティエを中心に、その潮流が広がっている。しかし、その対極にあるかに思える大手メーカーも、希少カカオの高級チョコレートに熱い視線を注いでいる。

年間約15億枚の「キットカット」を販売するネスレ日本では、火山島で育成された希少なカカオを用いた「ボルカニックチョコレート」を同商品に採用。第1弾として、キットカットの高級ライン「キットカット ショコラトリー」の「サブリム」シリーズとして、1月15日より「キットカット ショコラトリー」およびネット通販で販売開始した。

「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフ監修

商品開発から販売を担う「キットカット ショコラトリー」は、同社が2014年から展開するキットカット専門店。「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフ高木康政氏の監修のもと、「サブリム」ほか、トッピングを施したキットカットなど、こだわりの商品を販売し、現在国内で8店舗を展開している。

希少カカオシリーズの第1弾、「ルビーチョコレート」(432円)。きれいなピンクだが、着色料は使われていない(筆者撮影)

定番の「サブリム」シリーズは1本324円からと、キットカットとしては高い価格帯であるのも特徴だ。希少カカオを用いたチョコレートとしては2018年1月に発売された「ルビーチョコレート」が先行している。着色料を使わないカカオ由来のピンクが特徴のチョコレートで、「ショコラトリー」の売れ筋ナンバーワン商品だという。

希少カカオとしては第2弾となる、今回の「ボルカニック」シリーズのラインナップは、「バヌアツ マレクラ」「パプアニューギニア カルカル」「フィリピン ミンダナオ」の3種類だ。

次ページ「ボルカニック」の由来となっているのが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT