死を意味する色、ウェディングで着る色。 どうしてインドには、こんなに色が多いのか。

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

 緑は、神聖な色

そんな彼女の手には、なにやらタトゥーのような模様が描かれていた。

聞くと、メヘンディーと呼ばれる伝統的なボディアートらしい。

これは結婚式や誕生日に幸せやお守り的な意味で施されるもので、

見た目は茶色だが、塗り立てのときは緑色なんだとか。

緑は、ホーリーカラーと呼ばれる神聖な色のうちの1つだという。

 

先週シャノンの誕生日だった。

 

 

 

 

 

インドの三大祭りの1つに、カラフルな粉をかけあうホーリー祭がある。

別名、カラー・オブ・フェスティバルとも呼ばれている。

このように、インド人は色に対して、さまざまな考え方を持っている。

その感性はユニークで、建物や商品など、あらゆるところで感じられる。

そこで試しに、近くに座るターバンのクキに、こんなことを聞いてみた。

赤といえば何を思い浮かべる? するとクキはこう答えた。

「熱い、暖かい、危険、そんな感じかな。」

じゃあ、白は?

「クール、平和、そんな感じかな。」

 

今日のターバンは青色。

 

 

 

 

 

 

モノじゃなくて、温度感とか意味みたいなものが思い浮かぶようです。

さらに、白をモノでいえば何を思い浮かべる?と聞くと

スペースと答えた。白は、何も書いてないキャンバスのようだから、

何もないスペース(空間)、ということらしいのですが、うーん深い…。

そんな回答がくると思わなかったよ。モノじゃねーじゃん。

 

最後に、今日のターバンの色にはどんな意味があるの?と聞いたら、

このTシャツの色に合うのが、この色のターバン、と。

えー…そこはファッションなのね。一番、意味ありそうなのに。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT