大阪たこ焼き「くれおーる」が紡ぐ商売の本質

タコにこだわらず「TAKOYAKI」世界進出も

「大阪、ひいては道頓堀が、世界的なブランドイメージの高まりを感じます。私は2025年の大阪万博の誘致にも関わり、道頓堀の持つパワーを痛感しました。こんな食文化の国は世界中のどこにもない。

北京でのイベントに出展したときの様子(写真:株式会社くれおーる)

どこか東南アジアのようなノスタルジックな雰囲気も残し、ギラギラしたネオンとくいだおれの町として、認知されているんです。

実際、シドニーの観光庁から、『道頓堀の町をパッケージとしてシドニーに作ってほしい』というプロジェクトもありますし、他にも世界中から同じようなオファーもいただいています。

私は大阪で生まれ育った、ナニワのたこ焼き屋として誇りを持っている。だからこそ、パッケージとして道頓堀を世界に出す時が来ても、たこ焼きは大きな武器になるし、世界中で親しまれるようになればこれ以上の幸せはない。今「TAKOYAKI」を世界で売り込んでいくタイミングが来たんだと確信を持っているんです」

ナニワのオカンと大阪商人の人情劇

くれおーるという社名には、ラテン語で「創造する」という意味が込められている。たこ焼きの新たな価値を提供したい、と自信に満ちた表情で締めくくった。

わずか1坪の町のたこ焼き屋からスタートしたくれおーるの野望は、地道ながら着実な歩みを見せてきた。それは、人間臭いナニワのオカンと商人たちだからこそ紡げた人情劇でもあるのかもしれない。そして、その物語は間もなく世界の舞台で花開こうとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT