NEC、デンマークIT大手買収は「安い買い物」か

過去最大1360億、セーフティ事業構築の成否

2018年1月、英国のITサービス大手の買収を発表するNECの新野隆社長(撮影:今井康一)

電機大手のNECが2018年12月、デンマーク最大手のIT企業「KMD A/S」(以下、KMD社)を1360億円で買収すると発表した。

NECは2018年1月に英国のITサービス企業「Northgate Public Services」(以下、ノースゲート社)を713億円で買収したばかり。NECにとって1000億円以上の買収は初めて。これまで過去最大の買収はノースゲート社の713億円だった。NECは買収戦略を加速していると言っても過言ではないだろう。

買収価格は「非常に安かった」

KMDは官需に強いソフトウェア、ITサービス企業で、デンマークは現在、e-government(電子政府)化が世界で最も進んだ国として知られている。KMD社もノースゲート社も、NECが中期経営計画で「グローバルでの成長エンジン」と位置付けるセーフティ事業(情報システムのプラットフォームを活用した犯罪捜査支援や出入国管理、行政基盤、住民サービスなど)が主柱である。

NECが保有しているキャッシュ(現金・現金同等物)は2018年9月末で3707億円。今回の買収資金1360億円はすべて手元資金でまかなう予定だ。買収関連費用として計8社に約20億円を支払う。各社の金額は不明だが、「最も多く支払うのはファイナンシャル・アドバイザリー(FA)を務めたモルガン・スタンレーに対して。成功報酬部分が大きかったから」とNECの山品正勝・執行役員常務は明かす。

買収金額をEBITDA(税引き前利益に支払利息と減価償却費を加えた金額)で割った数値を「EBITDA倍率」という。買収金額が割高か割安かを示す指標だ。新野隆社長は「KMD社のEBITDA倍率は約8倍。この手の(IT)企業買収では非常に安いと思っている。前回のノースゲート社が12.3倍。それに比べても安い。(ノースゲート社買収と同様)今回もビット(競争入札)にならなかった。(買収金額の1360億円やEBITDA倍率8倍というのは)非常にいい数字だったと思っている」と2018年12月27日の会見で胸を張った。

次ページKMD社買収は割安だったのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。