「介護」に1カ月平均7.8万円かかるという現実

家族で介護方針について話し合うことが重要

介護を始める前に必要な心構えとは?(写真:SoutaBank/PIXTA)
ご両親が元気なうちは、「介護なんて当分先のこと」と他人ごとのようにお考えの方も多いでしょう。しかし介護は突然やってきます。想定もしなかった事態に戸惑い、余計な負担まで背負い込んだ結果、心身の健康を害してしまうこともあるのです。突然の事態に動揺しないためにも、いまから準備をしておくことが大切です。
そこでうまく乗り切るための心構え、準備しておくべきこと、金銭面のアドバイス、予防などについて、淑徳大学総合福祉学部教授の結城康博先生に教えていただきました。

日本には現在、100歳を超える高齢者はおよそ6万9785人います(厚生労働省の高齢者調査2018年)。世界でも有数の長寿国になりましたが、その陰で介護問題に直面しているということです。そこで気を付けたいのが、平均寿命と健康寿命です。平均寿命とは、0歳児が平均何年生きられるかを示した年数で、健康寿命とはその生きられる年数の中で健康上の問題で不便を感じることなく生活できる平均期間をさします。

当記事は「毎日が発見ネット」(運営:毎日が発見)の提供記事です

つまり、平均寿命から健康寿命を引くと、病気などの問題を抱えて生活しなければいけないおおよその期間が分かるのです。男性80.98歳(平均寿命)―72.14歳(健康寿命)=8.84年の差となります。

その期間は、誰かの手助けを必要とする可能性が高いのです。男性は70歳、女性は74歳を過ぎたら明日介護になってもおかしくないことをしっかりと理解しましょう。

1人で抱え込むと追いつめられる

介護をするには、労力が必要となります。1人ですべてを抱え込もうとすると、精神的にも身体的にも追いつめられてしまいます。1人だけが負担をする必要はありませんので、そのような状態を回避するためにも、兄弟や親族と今後の方針や役割の分担について話し合うことが大切です。

また実際に介護を始めてから、負担を感じたら周りに相談できるような環境を作っておきましょう。介護する側が疲れて倒れてしまっては仕方がありません。居住地区の地域包括支援センターなどで相談に乗ってくれるので、積極的に利用するのも一つの方法です。介護される側・する側の両方の負担が少なく快適に過ごせることが大切です。

要介護状態となったら、毎月どれくらいの金額が必要になるのでしょうか? 公益財団法人生命保険文化センターによる調査では、介護の費用は平均1カ月7.8万円で、約3割が10万円以上となっています。介護サービス利用料と、おむつ代や外出介助費用など、保険外で全額自己負担となる在宅介護に関する費用は、要介護度が上がるにつれて、高くなります。

次ページ年金だけで生活することは難しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT