着物警察が若い女性を目の敵にする歴史事情

商品の「高級化路線」を狙った着物業界の功罪

おはしょりの長さなど、身長によって変わる。だいたい、おはしょりは明治の中頃にできたやり方だし。新たに作ったしきたりだから、着付け教室ごとに教えることが微妙に違う。そこが、人によって「私はこう教わった」「私はこう聞いている」「それは違う」……と揉める原因になる。

実は1970年代の中頃まで、ウールの着物はふだん着としてわりと着られていた。しかし着物業界が高級化に舵を切ったので、しだいに消えていってしまった。そしてやがて気がつけば、高級品も普及品も売れない状態に。市場規模は6分の1になってしまった。

もうおわかりだろう。(A)で育てられた人々→②着物の着方をチェックできる知識を持つ年配の女性、になるのだ。つまり「着物警察」予備軍。

そしていま、世の中の勝ち組は(B)の戦略をとった企業だ。ファッションだけでなく、たいていのジャンルでそうだ。(B)の価値観で育った若者→①着物初心者として外出する若い女性、となる。

そりゃ、両者はぶつかるわけだ。着物業界は着付け教室を展開することによって、熱心なファン層を作り出すことに成功した。そこまではすばらしい! ところが皮肉なことに、その熱心なファンたちが着物警察となって、今度は新たなライトユーザーの新規参入をつぶす役割を担ってしまったのだ。

戦後、ファッションの主流は洋服になった。和服=着物はしだいにマイナーな衣装になる。するとやがて、非主流派ではあるが「価値がわかる人にはわかる」という位置付けになっていく。

『「日本の伝統」という幻想』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

着物に限らず、どんなジャンルでもメインストリームからはずれたものはしだいにそういう立ち位置になる。追いやられていつの間にかその場所にたどり着くケースもあれば、自ら進んでその場所を目指すケースもある。とりあえずの安住の地だ。せっかくその場所に立ちながら、やがて消えていくものも多い。「マイナー」「マニアック」「風変わり」「通好み」「異端」などと呼ばれて生き残ることもある。もっともうまくいった場合は「伝統」と呼ばれ、尊敬される。

いま着物は、「日本の伝統衣装」としてその位置にある。(A)で育てられた②の方たち、つまり着物警察予備軍は、その支持者でありファンだ。だから彼女らは「先に価値がわかった人」として、後輩には何かひとこと言いたい、伝えたい。アドバイスしたい。後輩が間違っていれば正してあげたい。よかれと思って。

かくして「着物警察」が誕生する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT