「JINSは踊り場にさしかかっている」

眼鏡大手ジェイアイエヌの田中仁社長に聞く

大手眼鏡チェーン「JINS(ジンズ)」を展開するジェイアイエヌ。パソコンの画面が発するブルーライトをカットし、目の疲れを軽減するパソコン(PC)用眼鏡で一大ブームを巻き起こした。レンズとフレーム込みで4990円からという低価格とデザイン性の高さを武器に、2013年8月期は売上高365億円(前期比61.6%増)、営業利益62億円(同2.3倍)と拡大。営業利益ベースで業界2位に浮上した。
ところが、今年7月の既存店売上高が前年同月比で3.5%減と、4年3カ月ぶりのマイナスを記録。今期に入っても、9月18.6%減、10月8.1%減、11月24.5%減と大幅なマイナスが続いている。原因は、PC用眼鏡「JINS PC」のブーム一巡による落ち込みだ。
急成長に陰りが見える中、次にどんな手を打つのか。田中仁社長に聞いた。

敵に塩を送ってしまった

――PC用眼鏡ブームが一巡し、販売が落ち込んでいる。

アーリーアダプター(流行に敏感な消費者)と呼ばれる方々にはかなり買っていただき、ある程度行き渡ったと思う。

販売が落ちているのは、度付きではなく、度が入っていないレンズとフレームをパッケージにした商品だ。今や100円ショップでも売っているぐらい、類似品が増えた。パッケージ版を買うのは、視力がよくて、眼鏡のブランドを基本的に知らない方が多い。そうした方々はJINSブランドに対するロイヤルティ(忠誠心)があまりなく、近くで安く買えればいいと思っている。PC用眼鏡を宣伝しているのはJINSだけ。われわれが大規模な宣伝をすることで、結果的に、敵に塩を送ることになった。

「PC用眼鏡は効果がない」という風評の影響も多少あったのではないかと思う。調査によれば、昨年はPC用眼鏡を買って効果がなかったという人はあまりいなかった。当時、PC用眼鏡を販売していたのが、ほぼJINSだけだったからだ。ところが、今年は効果がなかったという人が買った人の2割を超えている。JINS PCは効果についてエビデンス(証拠)をとっているが、効果が見込めない粗悪品が多く出回っている。

次ページJINSの海外戦略
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。