「JINSは踊り場にさしかかっている」

眼鏡大手ジェイアイエヌの田中仁社長に聞く

――既存店売上高の前年同月比プラスも4年2カ月続いた後、止まった。

右肩上がりの成長が続いて、踊り場にさしかかった。誤解を招く言い方かもしれないが、これはJINSにとってよかったのではないかと思う。企業がずっと伸び続けることはなく、踊り場になったところで、体質を強くしてまた成長するのが常だ。われわれも、さまざまな課題をしっかり認識して、次の成長につなげていきたい。

中国に続き米国へも進出

――2008年8月期から2期連続で赤字を計上した苦い経験がある。その後、急成長してきた中で、危機感が薄れ、経営判断が遅くなっている部分があるのでは?

画像を拡大
人気アニメとコラボした「JINS PC」(撮影:今井康一)

逆風から順風になり、その環境に甘んじていたのは否めない。手堅く経営してきたともいえるのだが、製品開発のスピードが遅くなっている。JINS PCの後も、もっといろいろなイノベーションを世の中に提供していかなければいけなかった。

成長の勢いが若干弱まってきた時に、すぐに次の手を打ち出すことが経営では重要だ。それを絶えず続けるのは非常に難しいことだが、うまくいかない理由を外部環境のせいにしてはいけない。

われわれはベンチャー魂を忘れずに、今後も果敢にチャレンジする。

米国への進出がその象徴だ。2014年秋にサンフランシスコに1号店を出す。西海岸を選んだのは、われわれの社風に合うし、シリコンバレーが近く、日系人などのアジア系も多い。そういう意味で、われわれのビジネスモデルへの理解が早いと思っている。高品質と安さを売りにして十分勝負できる。

次ページ国内はどうする
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT