引っ越し業者とのやりとりで「損」しない方法 プライベート含めすべての話し合いは交渉だ

印刷
A
A

では、引っ越し業者とお客さんの会話例を見てみましょう。

:1月29日火曜日の午前にお願いしたいのですが。

業者:その日の午前は埋まってしまっているので、ほかのお日にちは可能でしょうか?

:日程は火曜日じゃないと厳しいですね。水曜日も無理ではないのですが、荷物を片付けるために使いたいので。

業者:なるほど……ですが、やはり月末はどうしても混雑してしまうので……。

:ということは、1週間前の22日だと空いているのですか?

業者:可能であればその日だと大変助かります。

:新居はいま空室なので、たぶん22日でも大丈夫ですけど、日割で家賃かかってくるので、そこがネックですね。

業者:もし、22日にしていただけるようでしたら、1万円お値引きさせていただきます。

:ほんとうですか。とはいえ、1週間前倒しにすると、日割で取られる家賃のほうがずっと高くなりそうです。

業者:承知しました。では、29日の午後便はいかがでしょうか? 午前の引っ越し後に伺いますが、正直なところ、遅れる可能性もございます。

:午後でもいいですよ。どっちにしても水曜日に片付けする予定なので、火曜日は時間に余裕がありますし。水曜日の午前よりは、火曜日の午後のほうがありがたいです。

業者:では、29日の午後でトラックと人員を手配させていただきます。

すべての話し合いは交渉

このように、複数の利害を考慮しながら「○○のかわりに××」という取引を成立させていく交渉を「統合型交渉」といいます。一方で、1つの条件について争う交渉を「配分型交渉」といいます。

『おとしどころの見つけ方』(クロスメディア・パブリッシング)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

配分型交渉の典型的な例が価格交渉です。売り手は高め、買い手は低めの金額を提示して、お互い徐々に譲歩しておとしどころを探るのですが、これでは「○○のかわりに××」という取引ができないので、納得感も低く、合意できない場合も多々あります。

「コレをするから、アレをしてほしい」という取引こそ、おとしどころを見つけるカギなのです。

今回はプライベートの業者との例でしたが、ご紹介したメソッドはビジネスでも、プライベートの別のシチュエーションでも通用するものです。

「すべての話し合いは交渉」だと意識して、ぜひ日々の話し合いに活用していただきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT