消費増税で、駆け込み需要がある業種は?

『会社四季報』2014年新春号調査

『会社四季報』が、上場会社に消費増税の駆け込み需要の状況を調査したところ、34%の会社が、駆け込み需要を想定していることがわかった。

同調査は上場会社3530社を対象に、消費増税の駆け込み需要の状況と対応策についてアンケート調査したもので、有効回答数1739社だった。

東証33業種別で見ると、駆け込み需要が多いのは高額消費の代表格、自動車関連。中でも自動車向けタイヤを扱う「ゴム製品」は、75%の会社が「駆け込み需要がある」と回答している。同じく66%が「駆け込み需要がある」と答えた繊維製品でも、自動車内装材向け素材が駆け込み商材の中心となっている。

自動車とならぶ駆け込み需要業種は住宅関連だ。「建設業」の4割超の会社が、すでに駆け込み需要が発生していると回答している。

建材向けが多い「金属製品」や「ガラス・土石製品」も、駆け込み需要があると答えた会社が目立った。

駆け込み需要は消費の先食いで、4月の増税後にはその反動減も懸念される。

一方、駆け込み需要が少ないのは「食料品」や「医薬品」など。食料品は日々消費されるものであるうえ、消費期限が短いため、増税後も消費減退の影響は小さい。

アルコール類など飲料メーカーや冷凍食品メーカーなど、保存期間の長い商品を扱う会社では、駆け込みがあるとの回答があったが、おおむね影響は軽微のようだ。

医薬品も消費減退の影響が受けづらいほか、需要が安定的で月額契約が多い「情報・通信」も比較的駆け込み需要が少ないようだ。

建設業と同じく、駆け込み需要が想像される「不動産業」は、意外にも「駆け込み需要がない」と答えた会社が36%に達し、「ある」と答えた会社を上回った。「住宅ローン減税の拡充など政府の後押しがある」(大手不動産)点が背景にあるようだ。自動車や建設業界からも、消費増税の影響を軽減するための対策を求める声が高まりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT