消費増税で、駆け込み需要がある業種は?

『会社四季報』2014年新春号調査

『会社四季報』が、上場会社に消費増税の駆け込み需要の状況を調査したところ、34%の会社が、駆け込み需要を想定していることがわかった。

同調査は上場会社3530社を対象に、消費増税の駆け込み需要の状況と対応策についてアンケート調査したもので、有効回答数1739社だった。

東証33業種別で見ると、駆け込み需要が多いのは高額消費の代表格、自動車関連。中でも自動車向けタイヤを扱う「ゴム製品」は、75%の会社が「駆け込み需要がある」と回答している。同じく66%が「駆け込み需要がある」と答えた繊維製品でも、自動車内装材向け素材が駆け込み商材の中心となっている。

自動車とならぶ駆け込み需要業種は住宅関連だ。「建設業」の4割超の会社が、すでに駆け込み需要が発生していると回答している。

建材向けが多い「金属製品」や「ガラス・土石製品」も、駆け込み需要があると答えた会社が目立った。

駆け込み需要は消費の先食いで、4月の増税後にはその反動減も懸念される。

一方、駆け込み需要が少ないのは「食料品」や「医薬品」など。食料品は日々消費されるものであるうえ、消費期限が短いため、増税後も消費減退の影響は小さい。

アルコール類など飲料メーカーや冷凍食品メーカーなど、保存期間の長い商品を扱う会社では、駆け込みがあるとの回答があったが、おおむね影響は軽微のようだ。

医薬品も消費減退の影響が受けづらいほか、需要が安定的で月額契約が多い「情報・通信」も比較的駆け込み需要が少ないようだ。

建設業と同じく、駆け込み需要が想像される「不動産業」は、意外にも「駆け込み需要がない」と答えた会社が36%に達し、「ある」と答えた会社を上回った。「住宅ローン減税の拡充など政府の後押しがある」(大手不動産)点が背景にあるようだ。自動車や建設業界からも、消費増税の影響を軽減するための対策を求める声が高まりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。