「カフェイン取りすぎ」はやはりヤバいのか

「眠れるから大丈夫」という人は要注意

どんなものでも適量を守らなければ健康を害する(写真:HiroS_photo/PIXTA)

冠動脈閉塞のバイパス手術を受け、順調に回復している私の弟は最近、濃いコーヒーを1日に何杯も飲むという長年の習慣を復活させた。私は反対したが、彼はカフェインの影響を自分は受けない、つまり睡眠が妨げられることはないと言い張った。

しかし、弟が日に何度もちょっとしたことで腹を立てることに気づいた私は、大量のカフェインが体に与える影響と、カフェインがストレスによる心臓への悪影響の一因になるのかどうかを調べてみることにした。

適量のカフェインは大半の人にいい効果がある

カフェインはアメリカで最も普及している非処方薬と言える。毎日、9000万人の成人がコーヒーやお茶、ソフトドリンク、栄養ドリンク、処方箋、市販薬などからカフェインを摂取している。

含有量はものによってさまざまだ。淹れたてのコーヒー約240mlにはカフェインが95〜165mg含まれる。インスタントコーヒー1杯には63mg、エスプレッソ約30mlには47〜64mg、入れた紅茶約240mlには25〜48mg、緑茶約240mlには25〜29mg、コーラ約240mlには24〜46mg、栄養ドリンク約350mlだと300mlも入っている。含有量はずっと少ないが、チョコレートやカフェイン抜きのコーヒー、お菓子、ワッフルなどの食べ物にもカフェインが含まれている。

誤解しないでもらいたいのは、筆者はアンチカフェインではない。たっぷりの牛乳で薄めてはいるが、カフェイン入りのコーヒーを日に2.5杯ほど飲み、チョコレートでコーティングされたコーヒー豆を時々つまんだりしている。

適量のカフェイン摂取は大半の人にとってよい効果がある。中枢神経系を刺激して、注意力を高め、疲労を和らげ、集中力を高まる。スポーツをする人なら耐久力が高める。一時的に食欲を抑え、食べ物を消化する際に熱とエネルギーの発生を促すことで、減量に効果があるとも言われている。適度な量のコーヒーを消費することで、複数のがんのリスク減少につながることもわかっている。

次ページ1日どれくらいまで摂取して大丈夫なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT