40代男性が「カッコよくなる服」を考えてみた

42歳ライターがプロに服を選んでもらったら

――サイズ以前の問題ですが、そもそもどの店でどんな洋服を買えばいいのかわかりません。気づくと、いつも同じような服を選んでしまいます。

男女、多数の顧客を持ち大人気のパーソナルスタイリストのMaricoさん(写真:編集部撮影)

安心な洋服を選びがちなのも男性の特徴ですね。奥さんに私服を選んでもらっている人もいますが、よほどオシャレな奥さんでない限りは「保護者会などで恥ずかしくなければいい」という発想になりがちです。色も紺やグレーで、平均点を取りにいく感覚。カッコよさよりも予算重視です。

私が男性のお客さまにお勧めしているのは、3カ月に1回でいいので男性ファッション誌を買って目を通すこと。掲載されている服を買わなくても大丈夫です。ただ眺めているだけでオシャレの目を養うことができます。自分にも実践できそうな服装が載っているページに付箋を貼ってみるとより効果的です。

この宿題をやると、セレクトショップなどに入ったときにオシャレな店員さんを見分けられるようになってきます。その人に声をかけて、どんな目的と用途で洋服を探しているのかを伝えましょう。

店員さんとちゃんと会話をすることが大切です。「この服がトレンドです。売れてます」とか「私も買って着ています」などと言う店員さんには要注意。ちゃんとこちらを見て考えてくれて、納得できる理由を伝えてくれる人に接客してもらってください。

――定期的にファッション誌を購読してレベルの高い店員さんを探す、ですか。なかなか大変な作業ですね。そこまでする費用対効果は本当にあるのでしょうか。

私のお客さまは半数が男性で、お母さんに連れてこられた大学生から年配の方まで幅広くいますが、40代の既婚者も少なくありません。奥様やお母さんに勧められてきた方が大半で、オシャレに関心のある人はほとんどいません。それだけに服装をガラリと変える効果は絶大です。

職場や同窓会などで女性のほうから声をかけられるようになった、という声はよく聞きます。「今日はどこかに行くんですか?」「いつもと何か違いますね」と言われるだけでもうれしいものではないでしょうか。

これは笑い話ですが、通勤途中で見知らぬ女子高生から「前から見てました。カッコいいですね!」と告白された42歳の男性もいます。旦那さんを少しでも見栄えよくするために私のコンサルティングを受けさせたのに、彼が想定外にカッコよくなって困惑する奥さんもいるぐらいです(笑)。

次ページファッションは職場での会話のきっかけにも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT