結婚するなら「いい人」44歳女性が達した境地

2度の離婚を経てたどりついた答えは…

3度目の結婚は「いい人」が決め手だったといいます(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で良縁をつかむ「晩婚さん」になるためにはどうすればいいんですか? 本連載もすでに100回を超え、独身男女からこんな質問をぶつけてもらう機会が増えた。その相手の年齢や状況によって答えを変えるように努力しているが、いまこの原稿を書いていて思いつくのは「考えすぎない力」だ。

過激な言い方をするならば、ある種のバカっぽさが結婚には必要だと思う。赤の他人と家族になるのはよく考えるとリスキーな行為なので、石橋を叩いているうちに人生は終わってしまう。よさそうな橋があったらとりあえず渡ってみる。もし崩れて川に落ちたら泳いで岸に戻り、疲れを癒やしてから次の橋を探せばいいのだ。

結婚するなら父親と逆のタイプがいい

6年前に3度目の結婚をした中村祥子さん(仮名、44歳)に会ったのは東京・西荻窪にあるアジア食堂「ぷあん」だった。司会業に従事しているという祥子さんは、背が高く細身の体を黒Tシャツとカーディガンで包んだ美人で、ボブカットと丸眼鏡もよく似合う。人前に立つ仕事なので自分の見せ方をよく知っているのだろう。パクチーを小さくちぎって料理に散らす手つきまで不思議な品がある。

この連載の一覧はこちら

祥子さんは中小企業を経営する両親に育てられた。祖父が始めた会社を継いだ父親は厳格な人で、何事も「真っ直ぐ」にしないと気が済まない性格だった。母親は事務の一切を引き受けながら家事も怠らない。良妻賢母の典型のような女性だ。

「私は父親とはまったく違うタイプの自由な感じの男性と一緒になりたいな、と思いました。堅い両親への反発だったのでしょう。学生時代のアルバイト先で知り合ったミュージシャンと長く付き合って結婚したのは28歳のときでした」

次ページ父親とは真逆の男性と結婚するものの…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT