結婚するなら「いい人」44歳女性が達した境地

2度の離婚を経てたどりついた答えは…

3度目の結婚は「いい人」が決め手だったといいます(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で良縁をつかむ「晩婚さん」になるためにはどうすればいいんですか? 本連載もすでに100回を超え、独身男女からこんな質問をぶつけてもらう機会が増えた。その相手の年齢や状況によって答えを変えるように努力しているが、いまこの原稿を書いていて思いつくのは「考えすぎない力」だ。

過激な言い方をするならば、ある種のバカっぽさが結婚には必要だと思う。赤の他人と家族になるのはよく考えるとリスキーな行為なので、石橋を叩いているうちに人生は終わってしまう。よさそうな橋があったらとりあえず渡ってみる。もし崩れて川に落ちたら泳いで岸に戻り、疲れを癒やしてから次の橋を探せばいいのだ。

結婚するなら父親と逆のタイプがいい

6年前に3度目の結婚をした中村祥子さん(仮名、44歳)に会ったのは東京・西荻窪にあるアジア食堂「ぷあん」だった。司会業に従事しているという祥子さんは、背が高く細身の体を黒Tシャツとカーディガンで包んだ美人で、ボブカットと丸眼鏡もよく似合う。人前に立つ仕事なので自分の見せ方をよく知っているのだろう。パクチーを小さくちぎって料理に散らす手つきまで不思議な品がある。

この連載の一覧はこちら

祥子さんは中小企業を経営する両親に育てられた。祖父が始めた会社を継いだ父親は厳格な人で、何事も「真っ直ぐ」にしないと気が済まない性格だった。母親は事務の一切を引き受けながら家事も怠らない。良妻賢母の典型のような女性だ。

「私は父親とはまったく違うタイプの自由な感じの男性と一緒になりたいな、と思いました。堅い両親への反発だったのでしょう。学生時代のアルバイト先で知り合ったミュージシャンと長く付き合って結婚したのは28歳のときでした」

次ページ父親とは真逆の男性と結婚するものの…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT