寿命超えボロボロ…日本の水道の悲惨な実態

水道を守るには、2倍から3倍の料金が必要?

命に直結するライフラインである水道に求められるのは安全性だ(写真:Ushico / PIXTA)

人間の生命維持に欠かせない血管の全長は約10万キロメートル、地球2周半の長さだが、日本中に張り巡らされている水道管の全長は約66万キロメートル、地球16周分の長さになる。

その水道管が今、日本中で老朽化し、ボロボロになっているという。

日本の水道は危機だらけ

「水道管の耐用年数は約40年といわれていますが、とっくに還暦を迎えている。1年間で約2000か所、日本のどこかで毎日破裂している。水道管をすべて更新するには130年以上もかかります」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そう指摘するのは、世界の水事情に詳しく国連テクニカルアドバイザーも務めるグローバルウォータ・ジャパンの吉村和就代表だ。そして、

「人もモノもカネもないのが、日本の水道の現状です」

と問題点を指摘する。吉村代表に深掘りしてみると――。

足りない「人」とは。

「20年前は水道事業従事者は約8万人いましたが、現在は5万人を切っている。これの何が問題かというと、計画的に管路をつくるノウハウを持っている人がいなくなる。市町村のどこにパイプが通っていて、どこに水害が起こりやすいか、わかる人がいない」

足りない「モノ」とは前出の老朽化した水道管のことで、

「国土交通省は河川や橋に対して補修費を積み立てているが、(水道を所管する)厚生労働省にはまったくそういう考えがないんです」

足りない「カネ」とは、

「市町村などが運営する水道事業体の約3割が赤字なんです。水をつくるためにかかるコストが、売り値より高い。水なのに内情は火の車です」

人口が減り、水道使用量も減り、ペットボトル水も普及し、2008年に2兆5000億円あった収入は、10年後、2兆3000億円まで減少。

「官がやろうが民がやろうが、今の日本の水道を守るためには、水道料金を2倍から3倍に上げなければならない」(前出・吉村代表)という現状を打開するために政府が打ち出してきたのが、事実上の“水道民営化”だ。

次ページ蛇口から出てくる水を飲めるのは16カ国のみ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。